アスペン・スノーマスでも降雪

ここのところ北米のリゾートで、次々に降雪がありパウダー地帯となっているニュースを掲載して来たが、今度はコロラドのスノーマスから。

3月末、強力な春の雪嵐の到来で、アスペンが腰までのパウダーとなった。そして予報ではもっと降り続くらしい。
この局地的な気候の変化は、先週ゲレンデに18インチの雪をもたらした。おかげでシーズンは延長されることになった。
この延長の発表は今週前半にされ、ハイランドエリアでは予定より1週間遅い4月の8日までのオープンとなった。

「雪の神が我々に微笑みかけているようだ。
「我々はシーズンの延長を、雪が降り出した時に決定した。このまま降ったら6月まで滑れるかもしれない」
リッチ・バークレー(アスペンスキー・カンパニー社長)

このリゾートは310インチ以上の積雪量。9月終わりに雪が降り出してから25フィート、頂上部分は6フィート以上のベースがある。スノーマスとアスペンは4月の15日にクローズ、バターミルクは予定通り4月1日にクローズとなる。降雪が多い中、クローズするのはなんとももどかしい気分だろう。日本にも分けてほしいものだ。


http://www.aspensnowmass.com/