【COCレポート】KIRARAキッズがやって来た!

真夏の世界最大パーク Camp Of ChmpionsにKIRARAキッズがやって来た!この雰囲気に圧倒されると思いきや、どっこい。初日から中一から高一の若きジャパニーズ・キッズがぶっ飛んだ。

このバンザイ・ジャンプに外国人ライダーもオーの声!

日本のスノーボーダーのキッズを応援する代表のミッチャン率いるKIRARAキッズ。INDY PARK JAM大会、SUPER KIDS SESSIONで優勝して選ばれた3人(角野友基、稲村 樹、村井 美萌砂)に加えて、その大会で惜しくも選ばれなかった高橋龍正がプロ・キャンパーとして参加した。

ウォーミング・アップ・ランもそこそこに、いきなり巨大キッカーに挑んだのは、角野 友基と稲村 樹の二人。あまりにも身体が小さいのでスピードに乗らずランディングまで届くのか!?と思ったが、ちゃんとストレートと360で下見ジャンプを見事に成功させた。

特に印象的だったのは、最年少中一の角野友基の2連巨大キッカーでのパフォーマンス。一発目でフロントサイド360を決めると、さらに大きな2発目キッカーでは元気にバンザイ・ジャンプ!これはリカバリーだったのか、狙いだったのか!?定かではないが、かなりライダー・ポテンシャルの高さを感じた。

この中では最年長の高一の高橋龍正は、最初3本はウォーミングアップでミディアム・サイズのキッカーやジブ・アイテムに行くラインを滑っていたが、4本目から巨大キッカーにチャレンジ。時より、飛び過ぎてランディングをうまく合わせられない場面もあったが、3回目でフロント3で見事に合わせて来た。

このCOCのフォトグラファーのDice-K(ダイス)氏の
「ジャンプがデカいから360の方が合わせやすいよ。」
というアドバイスが効いたようだ。

そして紅一点で参加した村井美萌砂は、元気にジブ・アイテムなどを攻めていた。

4人の引率者で、長年彼らを見守っていたミッチャンも、このキャンプに満足の様子。
「とても良い雰囲気!」と、コメント。

いずれにしてもこの4人は、この年齢で才能に満ち溢れ過ぎている。
Bセッションに参加した鬼塚みやびちゃんといい、日本のスノーボード界の将来に明るい兆しを見せてもらった。

誰よりも早くキッカー挑んだ中一中三コンビ。左、稲村樹、右、角野友基。

仲良くツーショットでTバーに乗る龍正と美萌砂。

やはりこの日も誰よりもたくさん飛んだ怪物トースタイン。

チャズ・ガルデモンドも登場!いきなりバックフリップでご挨拶。

さすが女子トップの一角シルビア・ミターミューターは、しっかりと決めて来た。

本日の撮りたてシークエンス
BS 9 Mute / Mark Sollors

COCレポートではお馴染みとなりつつある、シークエンス写真。
本日の撮りたては、天下一品のオーリーをするマーク・ソラーズだ。
先行動作が強くなりがちなバックサイドの高回転スピンだが、キッカーが大きい分ゆったりと構えているのが特徴的。
前の手でトゥ側にグラブしているので、ミュート・グラブなのだろうけど、そのピーク時のグラブ姿は、まるでグーフィー・スタンスのインディ・グラブのようなスタイルだ。このつかみっぱなしの安定感は素敵過ぎるね!


http://www.campofchampions.com