【COCレポート】Cセッション・ラストに國母カズ参上!

COCのCセッション最終日となった昨日、國母カズが急遽参上!ブラッコムグレーシアに広がる真っ青の空に、侍カズのスタイリッシュなエアーが舞った。

Photo & Story: Fusaki IIDA

ブラッコムグレーシアに広がる真っ青の空にカズが舞った!

國母和宏、上村好太朗、堀井優作の3人のライダーをフューチャーする映像作品、タイトル未定は、渡邉徳広氏のSocial Misfits Productionsの新たなプロジェクトだ。この中には彼らのトリップに欠かせないユーモラスなフォトグラファーZIZO(ジゾー)もいる。

一行はフランス・トリップの後、アメリカのサマー・ライディングの聖地、マウントフッドにいた。
マウントフッドのスノーボード・キャンプの中日。つまり1セッションごとに設けられている休憩日に、一向はスケートをするため南下してサンフランシスコに行くことを考えた。
しかし、走り出したら遠かった。そこで、「スノーボードがしたい!」という衝動に掻き立てられ、COCのパークの噂を聞きつけ、北上してカナダのウィスラーにやって来たのだ。

ブラッコム・グレーシアに到着すると、比較的メローなイージー・ジブ・アイテムやパイプがあるラインを流し始めた。
上村好太朗は身体をおもいっきり絞ったジブ・スタイルを見せて、カズはパイプのRを楽しんでいた。

3本ほど流した後、カズはビッグ・キッカーのラインを滑り出した。この頃になると、COC内でもカズがいることが知れ渡って来た。「あのカズが来ている!」というわけである。

國母カズの服装が五輪で話題になったことは、日本では有名な話だが、世界のスノーボード・シーンでも多く知られている。
また、カズがUSオープンで優勝したことも、カズがスタイル抜群のライダーであることも、世界中の多くのスノーボーダーが知っていることだ。

それだけにカズがキッカーを飛び始めると、そこには一種独特な活性エネルギーが充満して来たのだ。このエネルギーに感化されたライダーたちが、攻めたエアーを見せる。
カズと同じBurtonチームのチャーリー・リードは、25メートルクラスの大きなキッカーでダブルバックサイド・ロデオに挑んでいった。

カズも一発はストレートで流したが、その後はどんどん回す回数を増やして1080まで一気に上げて行った。

連続シークエンス写真でカズを撮影していると、どこのコマで切っても絵になるし、他のライダーでは感じない独特な雰囲気を与える。使い古された言葉かもしれないが、まさにスタイリッシュだ。

カズを含めた一行は、COCパークがクローズするギリギリの最後までライディングをしていた。まさに「スノーボードがしたくなった。」の言葉通りに、夏のブラッコムCOCを満喫している様子だった。

   

 「これぐらい長くないと抜いた気がしない。」とCOCの長いレールのご満悦のコウタロウ。

JP、ジョー、シモン。最後まで仲良くセッション。世代は違えど本当に仲の良い3人。
   
   
NomisのジョンにForumのラスティ、それに2009-10シーズン、ガールズで最も活躍した賞を取ったアニー。

VIVO社長&COCコーチのアンソニーと、COCフォトグラファーのDice-K。

ラスト・レポート

何度かご紹介して来たCOCレポートは今回で最後。明日からは最後のDセッションが始まり、そこではFORUMのパット・ムーアなど参戦するが、その様子はCOC公式動画などでお届けする予定です。

また、COCフォトグラファーを20年も続けているDice-K Maruのブログ、急遽COCスタッフになった日本人ライダーのジミーのブログなどもぜひチェックしてみてください。

その他、COCに関連したシークエンス写真特集なども予定しています。どうぞ、お楽しみに!

これまでレポートを読んでいただいき、ありがとうございました。

Dice-K Maru ブログ
http://dicekmaru.blogspot.com/

Jimmy ブログ
http://hjmtkmr.blog84.fc2.com/

 
http://www.campofchampions.com