【COCレポート】ジェレミー・ジョーンズ現る!

前半から後半に折り返したCOCは、3番目のCセッションに突入。ジェレミー・ジョーンズが現れて、シモン・チェンバレン、ジョー・セクストンという豪華なセッションが実現した。

Photo & Report: Fusaki IIDA

Cセッションでは、この秋、最も注目を浴びそうなフィルム・プロダクションズ、ピープルクルーのシグネチャー・セッションとなっている。そのため、ピープルに参加しているライダーやフィルマーが集合。

最高に豪華なライダーが大集合。
左からジョー・セクストン、マイキー・レンツ、JPウォーカー、シモン・チェンバレン、ジェレミー・ジョーンズ、アーロン・ビットナー。

昨年からシモン、ジョー、JPとのセッションはCOCの風物詩となっているが、そこにさらなる大物ジェレミー・ジョーンズが加わり、そして同じピープルで撮影をしているアーロン・ビットナー、マイキー・レンツも登場。
なかなかお目に掛かれないスーパースターたちの集合に、COCは一気に沸き立つようだった。

この豪華セッションで先陣を切って滑り出したのは、COCをホームにしているシモンだ。そしてジェレミー・ジョーンズ、ジョー・セクストンに順に続いた。

3人が選んだラインは、大きいジャンプなしの比較的にメローなところ。
発射台のように飛べるジブ・アイテムから、ハーフパイプに流れるというコースだ。
初日ということもあり、どこかのアイテムで止まってハイクすることはなく、リラックスしながらパークを流していた。


このCセッションでは、日本人ライダーの平田雅也(19歳)、小川凌稀(16歳)が参加している。
雅也は、ジャンプが好きで主にキッカーでバックサイド540をやっていた。
凌稀(りょうき)は、キッカーではフロントサイド720を。またジブが得意で、レールでバックリップ、そしてキャブ180インから5-0(テールプレス)を決めていた。

二人は、真夏の太陽を浴びながら何度もハイクして、初日から100パーセントCOCを満喫しているようだった。

左、パープルのフーディを着ているのがリョウキ。右モジャモジャのパーマなのがマサヤ。
二人共初日からCOCを満喫!


http://www.campofchampions.com