【特集】2012年 ステッカーの貼り方実例集

5年ぶりに復活!
dmkが贈る2012年度(注:2011年度含む)版ステッカーの貼り方実例集。

誰もが悩むステッカーの貼り方。
ボードを買えば、誰でも自由にステッカーでデザインをいじれることから、そのセンスでボード・デザインが見違えてカッコ良くなったり、逆に失敗して気に入らないデザインになったりする。
ステッカーはボードの元からあったグラフィック以上にそのデザインを左右してしまうこともしばしばだ。
そこでプロ・スノーボーダーたちのステッカーの貼り方に注目!
プロならではのセンスや技に注目するぞ。

この夏、Camp Of Championsで撮影した最新モノから、昨年から今年dmkニュースでアップしたものまで一挙にご紹介しよう。

ディロン・オジョ Dillon Ojo

最近、コア関係者にやたらと評価が高い、Brother Factoryのクルー員の一人、ディロン。
黒人でドレッドヘアーで、なかなかインパクトある存在。
COCでもやたらにハイクしてやたらに滑っているので、ずいぶんと目立っていた。きっとこの夏も、ハンパなくフッテージを残した模様。
まだ若そうなので、今後、楽しみなライダー。きっとメジャーになるんじゃない!

ThirtyTwo(32)ステッカーを上下にドカン、ドカンとバズーカー砲のごとく貼って。
さらに機関銃のごとく、バイン含めた空いたスペースに小さめのサイズを貼っていく。
それがうまく決まってしまうのだから、若手ライダーたちの才能には、恐れ言ってしまう。

最近、巷で流行が始まったクラブ・グラブをボード中央サイドに貼って、90年代ボード青春時代を過ごしたオッサンにはアストロデッキのように輝いて見えるね。

全体風貌からして、いかにもイケてるライダーに見える。
まさに攻めのファッションから己を鼓舞し、それをうまくライディングにも活かしているようだ。

編集部あっぱれ度 ★★★★★

(続きを読む→http://www.dmksnowboard.com/special/7361