【フサキ日記】予測不可能なホルダー・ヘルガソン五輪出場

17

 

ヨーロッパで最も影響力を持つOnboardという雑誌があるのですが、そこのオンラインのエディターにサムという人物がいます。

彼はイギリス人ですが、現在はドイツのミュンヘンに住みOnboardのウェブサイトの編集長をしています。
サムは、5年ほど前、ウィスラーで知り合い、そこからの仲。
互いに情報を交換し合いながら、動画コンテンツなどをアップしています。

先日、Onboardでスチューバイ(オーストリア)の動画(Stubai Space Race feat. Ståle Sandbech, Halldor Helgason, Sven Thorgren, Sebbe de Buck and More)がアップしたのですが、そこで1つ気になることがありました。
それは、オリンピックに出るであろう、世界のトップ選手に交じって、ホルダー・ヘルガソンもいたことです。

news151203d
(五輪に出るのかな!?ホルダー・ヘルガソン。)

この早い時期にスチューバイの巨大キッカーで飛んでいるライダーのほとんどは、2年後のオリンピックを睨んでの行動。
そんな中にホルダーがいたことにちょっと違和感がありました。

というのもここ最近、ホルダーが大会で活躍していることがないので。
もちろん、みなさん知っての通り、スノーボード界屈指の実力者。本気を出したらおもしろい選手でもあります。

その現場で撮影していたサムに、ホルダーの五輪の可能性を聞いてみると。

「彼の行動はどこまで本気か予測できない。」とのことでした。

サムは、ホルダーといっしょに飲んだりする仲なのですが、その彼をしてもホルダーの動きは予測できないというワケです。

メダルを狙うかともかく。もしかしたら、ホルダー・ヘルガソンのことだから、一発おもしろいことを噛ましてやろう!ぐらいな感じで、虎視眈々と2年後のオリンピックを狙っているのかもしれません。
ホルダーの実力ならワールドカップに出場はできるし、上位に入ってポイントを稼ぐこともできる。最終的には五輪への出場切符を手に入れることだって可能でしょう。

そして、出場したらどんなことをしてくれるのか?
今からちょっと楽しみです。