DMKsnowboard.comから頻繁に上がって来る、MESSYWEEKEND新作ゴーグルの情報や広告に気になっている方もいるかと思います。
そこで、今季注目モデルACHTON XE2を数日間使用してみたので、そのレビューをお届けしましょう。

Photo: Yohei Amano

脱着がスーパー簡単!マグネット方式

今季の大幅チェンジは、なんと言ってもマグネット方式でレンズが脱着できるよういなったことです。
外す時は、左下のボタンで簡単に外せます。また着けるのも超簡単で、マグネットでスパっと元の場所に戻る感じ。その脱着の感覚は、一番下の動画『最新ゴーグルMESSYWEEKENDのACHTON XE2プレビュー』で紹介していますので、ぜひそちらもご覧ください。
滑走中にゴーグルをしている時には、当然、荒れたところを滑ろうとレンズはしっかりと着いたまま。レンズを着ける時のマグネットの強さで、そのへんの感じ取ることができます。

広い視界で見やすいレンズは幸せボーディングに誘う

レンズの方は、ハイコントラストのXE2グリーンレボレンズと曇り時用の黄色レンズの2つが付いてきます。
僕は今回のレビューでも紹介しているグリーンレボレンズを使い続けているのですが、視界は広いし、何より見やすい!
レンズを裏から見るとピンクで、写真を撮ってもピンクに写るのですが、実際に付けてみるとほぼ裸眼のようなナチュラルカラーの世界になります。しかも、スキー場の凹凸、コントラストがわかり易くなるので、裸眼よりもレンズ越しに見ることで、視界良好に!

こうした見やすいレンズは、MESSYWEEKENDだけに限ったことではなく、他の有名なゴーグルメーカーも同じような高クオリティレンズがあります。だけど、この価格帯を考えると、おそらくコストパフォーマンスはトップクラスでしょう。

スノーボードを長くやっている人は、よく「良いブーツと良いゴーグルを持つとスノーボードが楽しくなる!」と言いますが、確かに良好な視界は、幸せなスノーボーディングに誘うでしょう。

XE2グリーンレボレンズというファッション性

フラットレンズというのは近年スノーボード・ゴーグルのトレンドのデザインになっていますが、さらにそこに加わるXE2グリーンレボレンズというファッション性に惹かれました。

写真を見ていただいたらわかるように、グリーンがひじょうに映えます!
往来のゴーグルにあった淵はなく、レンズだけが強調されていて、そこに光るグリーンってカッコいいですね。

スノーボーダーって、よく滑っている姿を写真やビデオで撮ってもらうと、他人が感じている以上に自分が「イケてない」と思い、落ち込むことがあります。それって、裏を返せば、「スノーボーダーである以上、カッコよくありたい!」という潜在的な意識があるんだと思います。

僕だって、もう50歳を過ぎたオッサンだけど、カッコよくありたい!(笑
XE2グリーンレボレンズというファッション性は、そんなツッパリオジサンの気持ちもサポートしてくれます。

ACHTON XE2 GREEN REVO 機能・特長

(以下、公式サイトから引用)
晴れの天候に適しているXE2 グリーンレボレンズ (15% VLT) と曇り時用に作られた黄色レンズ (55% VLT) 。ハイコントラストXE2レンズテクノロジーにより、色彩認識が向上され、雪山などでの凹凸がより見やすくなります。
*VLT: 可視光線透過率

素材
• 軽量の熱可塑性ポリウレタンのフレーム
• 光学品質グレード1のポリカーボネートでできた二重レンズ
• カテゴリー3レンズは外側に曇り止め・スクラッチ防止のコーティングが施されており、100%UV400の紫外線カット

寸法
大人用Mサイズ レンズ幅: 179.5 mm │ レンズ高さ: 101.8 mm
鼻から額までの高さ: 65.2 mm
フレーム奥行き外寸: 75.7 mm │ フレーム長さ内寸: 147 mm

お手入れ方法
マイクロファイバーの袋ででレンズを拭いてください。レンズは曇り止めコーティングが施されており、汚れがひどい場合は温水のみで洗い流してください。強力な化学薬品を使用するとコーティングが剥がれる恐れがあります。
ゴーグルはしっかり乾燥させた後ハードケースに入れて保管してください。レンズの間に入り込んだ水蒸気がしっかり乾燥しないまま保管すると、レンズの性能が保たれにくくなります。

購入時に含まれるモノ
• 曇り時用黄色レンズ
• マイクロファイバーポーチ
• MWステッカー
• 収納用ハードケース

以下、バナー広告から購入できます!