【フサキ日記】デンマークから届いたゴーグル MESSYWEEKEND

DMK記事でも何度かご紹介して来ているMESSYWEEKENDが、遥々デンマークから届きました。
送っていただいてから、一週間も経たずに到着。今年も早かったです。

このゴーグルは、ショップを通さずに直接、メーカーからオーダーできるようになっていて、もちろん日本からもオーダーできます。

デザイン性が高く、それでいて同レベルの他メーカーよりも値段が抑えられています。
ハイコントラストで、雪面の凸凹が見やすい高品質レンズ。しかも、レボミラーコーティングにより、曇り止め効果が抜群。UV400(UVA+UVB)で高い紫外線カット率を誇ります。

箱の中には、メインのゴーグルの他、旅行中でもゴーグルを守れるハードケース、曇りの天候用の黄色い換えレンズ、レンズを保護するマイクロファイバー素材のバッグも入っていました。

昨シーズンモデルと今シーズンモデルの大きなチェンジは、マグネット式でレンズ交換のところ。
長年、スノーボードをしていますが、このタイプは初めてです。

レンズの右下部分にそのボタンがあり、そこをちょっと強めにポチっとすると、簡単に取り外せました。
なるほど、これならライディング中には絶対に外れないだろうし、レンズ変えの時には気軽にできるという感覚。
すでにこうしたレンズを使っている人には、お馴染みの感覚かもしれないけど、初めての僕には「便利になったものだ」と思いました。

山がオープンするのは、11月末なので、また12月中にでも最新使用レポートをお届けしたいと考えています。

以下、先シーズンの使用レポート
https://dmksnowboard.com/messy-weeend-inuit-report/

ブランド情報
MessyWeekendはサングラスやスノーゴーグルを主に手がけているアイウェアブランドです。ミニマリズムを基調とした北欧デザインで、商品は全てコペンハーゲンでデザインされています。
サングラスやスノーゴーグルに高価なお金を出すよりも、その分で楽しい週末を過ごして欲しい!という思いを原点に、高品質ながら他ブランドよりーズナブルな価格でかっこいいアイウェアを提供できるよう若い少人数のチームで日々励んでいます。
スノーボード・スケートボードや音楽などの若者のストリート文化、サブカルチャーにフォーカルポイントをおき、そうしたコミュニティーに寄りった商品作りおよびブランドカルチャーの構築にも努めております。また、アルペンスキーのデンマークのナショナルチームの公式スポンサーを勤めており、ナショナルチームのメンバーは弊社のゴーグルを競技で使用します。
詳しくはウェブサイトのこちらのページをご覧ください。


ーMessyWeekendというブランド名には「毎日週末のように楽しもう」という思いが込められています。

また、ブランドを立ち上げた当初から「何か世界の為になることをしたい」と考えていました。
そこで、MessyWeekendはNGO 4THEPLANET (元PROARTSO、2019年に名称変更)とパートナーシップを結び、「ORIGINES」というプロジェクトを立ち上げました。
このプロジェクトは、太平洋のプラスチックゴミ清掃を継続的に実施することを目的にしています。現在は「1=2」という名前の元、商品の売り上1つに対し、太平洋の海洋ゴミ2kgを清掃する活動に寄付されます。

詳しくはホームページをご覧ください↓
https://messyweekend.jp/pages/clean-the-ocean