スノーボードの歴史をひも解く貴重なムービー『Made in the Mitten』

スノーボードの歴史をひも解く上で大変貴重なムービー『Made in the Mitten』が公開された。

1965年、大雪の日に娘の32インチ(81センチ)のスキーを合わせて作ったというシャーマン・ポッペン氏が開発したSnurfer(スナ―ファー)。それは、雪上でサーフィンを楽しめるような新しい遊びだった。

それから14年後の1979年、Snurferに小さなビンディングを付けて、よりコントロール性能を上げたボードを持ってコンテストに現れたのが、Burton創始者のジェイク・バートン氏だ。
それは、スノーボードと呼ばれ、瞬く間に広がっていくのである。

作品の中で、ポッペン氏のコメントや、当時の貴重な映像も使われており、スノーボード・ヒストリー好きにはたまらない内容となっている。
先駆者たちの冒険心があったから、現在のスノーボードがあるわけで、彼らに敬意を払わずにはいられない。