ジェレミー・ジョーンズがABCニュースに出演し地球温暖化の危惧を訴える

地球変動に危機感を覚えて、POW(Protect Our Winters)を設立させたことでも有名なエクストリーム・プロライダーのジェレミー・ジョーンズが、昨日放送されたABCニュース出演し地球温暖化の危惧を訴えた。

スノーボーダーなら誰もが知っている有名なプロ・スノーボーダー、ジェレミー・ジョーンズ。レジェンドであり、今なお現役でスノーボード・ムービーに出演し、迫力ある映像を届けている。
またアメリカ人なら誰もが知っているABCニュースで、ジェレミーのスノーボーディング雄姿が披露された。

ジェレミーが行っているPOWという活動は、今では11カ国で支持され、日本でも小松吾郎氏が率先して地球環境の変化を訴えている。
またいくつかの企業も賛同しているが、その中でも我々の業界のリーダー企業であるバートンも賛同。

このニュースでは、これまでのジェレミーの経験を元に、減少する雪や縮小する氷河のことなどを伝えている。
さらに、ロビー活動も行い政治家にも訴えている姿も映し出されている。

かつて、POW小松吾郎氏に取材したことはあるが、「まずは自分でできること。小さいなことでもいいから、行ってほしい」とコメントしていた。

とかく、こうした地球温暖化の活動は、「自分には関係ない」「自分なんかの力は大したことがない」と考えがちだが、吾郎氏は「小さなことでも自分が考える身近なところからやってほしい」と訴えていた。

おそらく、僕たちが日頃からできる一日の何気ない活動が結集していけば、やがては大きなウェーブを生み地球温暖化阻止するエネルギーにつながるのだろう。また、そうした活動をまったくのゼロからイチにすることで、きっとこうした気候変動により敏感になっていく人間になっていくのだと思う。

ジェレミーは8年前からこのような活動を始めて、遂にはABCニュース出演し、全アメリカ人に伝えるパワーを持った。
僕たちも今、できることを始めないといけない。きれいな空気ときれいな水がある未来の地球のために。そして愛するマザーネイチャーとスノーボーディングのためにも!

以下は、今季ジェレミーが出演し、地球変動を訴える役目も持つスノーボード・ムービー。

以下、POW日本語サイト
https://protectourwinters.jp/