Absinthe Films最新作『LA ZONE』予告編

広告

多くのスノーボード・フィルムが撤退する中で、未だにムービーをリリースを続けるAbsinthe Filmsが、最新作『LA ZONE』の予告編を公開した。

90年後半から老舗プロダクションズは、以前から、他の大御所レーベルよりもアート色が強く、一般スノーボーダーからは、ちょっと眠たくなった印象も否めなかった。
でも、今、こうして「「アブセンス」という名前を聞くと、「まだ頑張っていたのか!」と感動する。

世界的に見ても、インストグラマー的なスノーボーダーがわかりやすくスノーボードの楽しさを表現する中で、フィルムで見せるプロ・スノーボーダーは、
コア層が愛するマニアックな存在になりつつあるようだ。

広告

しかし、どんな分野を見渡しても、その文化を深く掘り下げる職人は大事なもの。
彼らはインストグラマーではなし得ない、スノーボードが持つダイナミックな感動を伝えてくれる存在だ。

最新作『LA ZONE』では、スノーボードを愛する者が噛めば噛むほど、その魅了される作品を期待したい。
欧州スノーボードの神髄が、同作品で見れそうな予感!

広告