【ハウツー】パウダーが滑れない原因フロントサイドターンにあり

 

スノーボーダーなら誰でも憧れるパウダーライディング。
多くの人が望む一方で、「パウダーは難しい。行きたくない。」
なんて悲しい声が聞かれることがあります。

圧雪されたところでは、上手に滑れるのに、パウダーに入ったとたん、うまく滑れない・・・。

その要因の多くは、フロントサイドターンがうまくできないこと。カカトからつま先側にエッジを切り替えたところで、スッテーン!にならないようにアドバイスしましょう!


フロントサイドターンとは、つま先側で行うターンのことです。
このフロントサイドターンの特徴は、背中が谷側に向かうので、視界が狭くなりやすいこと。
その視界の狭さからフロントサイドターンを苦手とするスノーボーダーの方も少なくありません。カカト側のバックサイドターンはスムースに入れるのに、どうもつま先側のフロントサイドターンは初心者の時から苦手だったという方も多いです。
そういう方が、パウダーに入ったとたんに、スッテンコロリンになります。

通常の圧雪バーンでは、転ばないフロントサイドターンがなぜパウダーに入ったとたん転んでしまうのか?

その大きな要因は、鋭角に曲がり過ぎていることにあります。
パウダーでは、雪面での抵抗が大きいので、この鋭角に曲がるターンに対処できなくて、転んでしまうのです。

もっとくわしく説明していきましょう。

そもそも普通の圧雪されたところでのターンというのは、板のエッジ部分エリアしか使って滑っていないものなのです。
以下の写真の白くした部分。だいたい、そこしか使って滑っていないですよ。

news141226g

だから、ワックスを塗るとき、前回のワックスをよく剥がしていなかったりすると、真ん中の部分だけはがまだワックスが残っていたりするんですね。

でも、パウダーになると、より滑走面全体を使って滑ることになります。
こうした滑走面全体に抵抗を受けるパウダーでは、「く」の字のような鋭角なターンをしたとたんに、ノーズの先が引っかかって転倒します。より「C」の字のようなきれいな弧を描くようなターンが必要があるのです。まるでバナナのような形のターンですね。

そういうきれいなターン弧を描くためには、目線を徐々に送ることが大切。
というのも、フロントサイドターンを鋭角に回ってしまうという方は、やたらに目線の先行が早いのです。

以下のイラストを見てください。

news141226h

左の方は、理想的なきれいなターン弧をするスノーボーダーの目線を示しています。
右の方は、鋭角なダメなターン。

きれいなターン弧の目線は、常に今、自分がいる位置よりも3時方向ほど先を見続けている。なめらかな目線移動ができています。それに導かれるように、ボードもスムースに進むわけです。

一方ダメな鋭角ターンでは、カカト側のところでだいたい目線はフォールライン’谷側にいっている。
それからボードが谷を向いたところでは、目線が6時方向というとんでもなく強過ぎる先行を行ってしまうのです。まるでフォールライン(谷側)に行くのが嫌々するように一度も谷側に目線を送ることはない。このフロントの目線先行過ぎる重症患者の方となると、ボードが谷側に行ったとたんに、目線を山の方に見上げてしまう方も!これでは、高速道路でやや右方向に曲がりながら、目線を助手席に向けてしまっている、いやそれどころか後部座席に向けているようなものです。

自転車でも他の乗り物でも、運転する人は必ず目線をこれから行く方向に導いているハズですが、スノーボードのフロントサイドターンでは、そのルールに反している人が少なくないんですよ。

 

自分がコンパスになった気分で回ろう!

何をしなくてはいけないかわかったところで、もう1つアドバイスを送りましょう。
これは、以前、自分がリーダーを努めるDMKスノーボード・クラブで、綿谷直樹さん(元ナショナルチームのコーチ)が、クラブ員に伝えたアドバイスで、あとでこの話を聞いて、素晴らしいアドバイス!と思ったことなのですが。

まるで自分の身体を軸にするかのようにして、コンパスのようにボードで曲線を描いていくというイメージを持とう!というもの。

人間は論理的にどうするべきかわかっていても、なかなか行動で示せないことがあります。
そんな時、よりイメージ的に行動することによって成功することがあります。

自分がコンパスになった気分で回ろう!もぜひ試してみてくださいね。

 

 

飯田フサキ プロフィール
東京都出身、現在カナダ・ウィスラー在住。
スノーボード歴34シーズン。そのほとんどの期間、雑誌、ビデオ等スノーボード・メディアでのハウツーのリリースに捧げている。
90年代を代表するスノーボード専門誌SNOWing誌では、「ハウツー天使」というハウツー・コラム執筆。季刊誌という状況で100回以上連載という金字塔を立てる。またSnowBoarder誌初期の頃から様々なハウツー・コーナーを担当し、その中でも一般読者にアドバイスを贈る「ドクタービーバー」は大人気に!その他、自身でディレクションし出演もしたハウツービデオ&ハウツー本は大ヒット。90年代のスノーボード・ブームを支えた。
現在も日本最大規模のスノーボード・クラブ、DMK Snowboard Clubの責任者として活動し、シーズン中に一回は日本へ帰国しコーチングも行っている。
普段は、カナダのウィスラーのインストラクターとして活動し、今なお世界中の多くの人にスノーボードの楽しさを伝え続けている。2016-17シーズン、ウィスラーのインストラクターMVPを獲得!!