【動画】世界過激な!?ザビエ・デラルーの氷の滑り方ハウツー

 

おそらく、これまでのスノーボードのハウツーの中でも最も過激なハウツーだろう。
お馴染み世界最高峰のエクストリーム・スノーボーダー、ザビエ・デラルーが教えてくれる氷の滑り方ハウツー。

ザビエの言う氷とは、そもそもそのへんのゲレンデで出現したようなアイスバーンではなく、バックカントリーなどの超急斜面で、あまりにも急斜面過ぎて雪が付かなかったような氷の斜面。
こんなところ誰が行くかい!と思わず突っ込んでしまいそうだけど、ザビエ曰く、氷の斜面を過ぎると、とても良いパウダー斜面に出くわせることがあるので、アイスを滑ることは大事なことだ、とのこと。

なるほど、と思って、肝心の滑り方の説明へ。

「真っすぐに滑れること。」

アイスでは、エッジ操作ができないからだ、とあたり前のことをおっしゃる。
だけど、その後の説明で納得。

「真っすぐに滑る必要があるから、その侵入角度が大事なんだ。」

確かに!ボードの進行ベクトル、モーメンタム(力)をどちらの方向に行かすのか、決めることは大事だ。

で、実際に氷斜面を滑る時のポーズは、イーグルのように両手を上げて左右バランスを保つのこと。

なーるほど。
で、この動画を見た後に実際にちょっと荒れたパウダー斜面でやってみたのだけど、確かにイーグルポーズはいい!
このポーズは、どうしてもチョッカリたい場面でも有効だよ!