最近、体固くない?

この間、NHKの「ためしてガッテン」を見ていたら、股関節が固いと「寝たきりの危険性につながることも警告されている」とやっていた。確かに股関節ってストレッチングの要でひじょうに大事な要素な気がする。そこで、早速やってみた。そうしたら最近あまり本気で股関節のストレッチングをやっていないことを気づいた。だから、とても固くなっていた。運動もストレッチングも結構マメにやる方だが、こうして集中してストレッチングをやるのは久しぶり。ストレッチングも一度ハマると体も軽くなって行くようで、結構気持ちいい。どれくらいやったのかなあ。たぶん20分とか30分とかやったのだと思う。股関節も入念にストレッチングを行い、ずいぶんと柔らかくなった。風呂上りの時でも毎日しっかりやらないとイカンと、思った。

こうしてストレッチングした後に思ったのは、今、自分に必要なのは筋トレよりもストレッチングなのでは?ということ。筋トレもよくやっているのだけど、確かに筋力アップ、筋力維持にはつながるけど、それ以上にストレッチングをやった方が体がよく動くように感じるのである。そう言えば、昔、トレバー(アンドリュー)にインタビューした時、上達に大切なことを聞いて「ストレッチングをすること!」というぶったまげる回答があった。もちろんそれだけでは上達するものではないし、半分冗談も入っていたと思うのだけど、何か妙に当たっていると思うのである。

「ためしてガッテン」流にストレッチング効果を話すと、股関節の柔軟性がアップ! 血流がアップ! 筋力がアップ!ということになる。
つまり、柔軟性をアップすることは、血流、しいては筋力をもアップすることにつながっているのだ。ストレッチング自体が筋トレとは違うものだけど、ストレッチングをするだけで筋力アップという事実は、何かとても重要なことを教えてくれているうように思う。

ここで実際にストレッチング方法をあーだこーだ書かないけど、ストレッチングって筋トレ以上に大切で毎日しっかり続けないと、と思ってもらったら幸い。ストレッチングで体が動くようになれば、筋トレももっとやる気になるし、筋力もアップすればスノーボードのやる気度もアップするしこれは毎日やるしかないでしょ!

それにしてもウチの大河(長男3歳)は、本当に体が柔らかくていつも元気に動き回っている。こういう姿を見ると、子供の体の柔らかさの素晴らしさを改めて思うし、また人間は柔軟性があることで運動能力がアップするということを感じる。