SAJ全日本デモ選で2連覇!カービング女王の月岡雛乃に練習方法、大会に勝つためにはどんなことが必要か伺ってみた。トップライダーの考え方を聞けば、これからバッチテストや大会に挑むスノーボーダーの方にも良いヒントとなる!ぜひ、 雛乃 のメッセージに耳を傾けてみよう!

――力強く美しいカービンターンをする月岡さんですが、日頃はどんな雪上トレーニングをするのですか?

月岡: 雪上では、みんなでワイワイ滑る時間が私はとっても大好きで楽しく、大切にしているんですが、自分のトレーニングとなれば、私は一人で黙々と滑り込むようにしています。自分の課題を常に考えているので、そこに向かって、あえて難しそうなコンディションのバーンを選んでトレーニングします。そして、最後に、コーチに滑りを確認してもらったりして調整しています。

―― 月岡さんにとって課題とは、例えばどんなことですか?

月岡:一番は、大会を想定したときの技術的な部分で、不安要素が1ミリも無くなるようにしたいので少しでも苦手だな…と感じることがあれば、徹底的に練習します。他には、私はメンタルがとても弱いので、そこも大きな課題ですね(笑)。

――ここまで技術が高い月岡選手の滑りを見れるコーチというのは、どんな方ですか?

月岡:コーチは、私がスノーボード初心者の頃に入学した、スノーボードの専門学校、全日本ウィンタースポーツ専門学校で出会ったコーチの稲川光伸さんです。今も、私が所属するスクールの代表でもあります。やはり、私の滑りの基本は、全て稲川コーチに教え込まれた技術で成り立ってきているので、今でも最後に、「これで良いぞ!」って言葉を貰えると安心して大会に挑むことができますね。
一緒にトレーニング出来る時間は、あまりないのですが短い時間の中でも、色々なパターンの滑りを教えてくださり、一人になってトレーニングをすると自然と私の滑りに馴染込んでくるので、いつもビックリしています。先の先の先まで、見据えている感じがとても凄いです。尊敬しています。

―― どんなスポーツでもトップ選手というのは、それぞれのルーティーンがありますが、月岡さんの山に上がった時のルーティーンってどんな内容ですか?

月岡:自分のトレーニングをする時のルーティーンとしては、わたしは滑る前に、ストレッチや準備体操の時間をしっかり取ります。ゲレンデに出て、いきなり練習をするというよりは、何本か楽々とフリーランの中で、エッジ操作の確認などをしてから、練習を始める流れです。休憩を挟むことは、少なくて、滑り出したら時間を忘れて滑り込んじゃいます。

―― どんな内容の練習をしているのですか?

月岡: その日のうちに、その日決めた課題達成や、自分の納得する滑りができないとモヤモヤするので、満足するまで滑ります。満足しない日は、とっても悔しい気持ちになっちゃうのですが、それがまた次頑張るパワーに変わっていますね(笑)。

――大会で良い結果を出すためにはどんなことが必要?

月岡:練習をする以外ないと思います
他にも、日々の日常生活からイメージトレーニングを重ねたり、大会に向けた強い気持ちで居続けることも、とても大切だと思います。

――一般の方が大会に挑む時、緊張して本来の自分を出せずにいる方、また、バッチテストのような場面でも緊張される方も少なくありません。
そんな方に何かアドバイスありませんか?

月岡:普段の練習の時から、大会や検定をイメージした練習が大切だと思います。何気なく練習するんではなく、練習中も、スタート前に、これは大会の1本だ。と自分に言い聞かせて緊張感を持って滑る1本を1日の中で何本か作るといいと思います。大会は、練習どおりに滑る。練習は、大会だと思って滑る。こんな感じです。
と、言いながら、わたしも、大会中は記憶が無くなるほど、死んじゃうんじゃないかってくらい、いつも緊張していますけどね…(汗)

―― 月岡さんの経歴を見て、驚いたのですがスノーボード歴5年なんですね!こんな短期間で、ここまでのレベルって相当な努力家だと想像しますが、これまでに何か本気でスポーツした経験は?

月岡: ウィンタースポーツとは無縁だったんですが、小さい頃から陸上競技をやっていました。成績は、全く良くなかったですが当時のお陰で、今も陸上トレーニングをする習慣があったり体力にも自信があります。

―― ところで、2019 INFINITY Emethで足寄りの映像があり、トゥストラップを足指の付けに付けているところが印象的です。通常はつま先に付けるのに、なぜそのような付け方をしているのですか?

月岡: 細かいところまで見てくれていてとっても嬉しいです。
トゥストラップを、指先につけるのと、足指の付け根に付けるのとだと、ホールド感も増しますし、レスポンスの速さが全然違います。特に、FLUXのビンディングのストラップは、ハニカム構造なので、足指の付け根に付けてもしっかりとブーツにフィットしてくれます。カービングターン大好きな人には、ぜひ試してもらいたいです。

――オフは、どんな過ごし方をしているのですか?

月岡:妙高での冬が終わると、月山スキー場に移動し、そこからふじてんサマーゲレンデと、1年間スノーボードに乗り滑っているので、あまりオフの感覚は無いですが、夏の期間は、専門学生時代JWSC(全日本ウィンタースポーツ専門学校)で学んだ、走り込みのトレーニングや、ウエイトトレーニングなどコツコツしています。

――今季は当然、3連覇という大きな目標があると思うのですが、そのための課題は?

月岡:三連覇に挑戦できるのは、私だけなので、私らしい滑りが自信を持ってできるように、常に強い気持ちでトレーニングを続けていこうと思います。
これからも応援よろしくお願いします。

WESTBEACHの40周年記念モデルのジャケット&パンツ姿で、新たなシーズンを迎えた月岡選手。

月岡 雛乃 経歴・プロフィール

長野県飯山市出身。
高校3年生の冬にスノーボードを始めてそのまま全日本ウィンタースポーツ専門学校jwscに入学。今シーズンで、スノーボード歴は5シーズン目。
第14回SAJ全日本スノーボード技術選手権大会 3位
第15回SAJ全日本スノーボード技術選手権大会 優勝
第16回SAJ全日本スノーボード技術選手権大会 優勝

スポンサー:
ogasakasnowboards、westbeach、hestra、flux、deeluxe、smith、applerind、スノサウルス、 schneider、全日本ウィンタースポーツ専門学校、妙高山スノーボードスクール、月山スノーボードスクール、ふじてんサマーゲレンデ

インスタ http://Instagram.com/OTUKIMIHINA