ヒールサイドはキレ難くトゥサイドはズラし難いからあえて逆やってみよう!

スノーボードの特性として、ヒールサイドはキレ難くトゥサイドはズラし難い特徴があります。

なぜなら、人間はつま先立ちは簡単にできるけど、カカト立ちは難しいからです。
当然、トゥでジャンプする方が高いし、ヒールでのジャンプは難しい。こういうことを理解していれば、ワールドカップやXゲームで活躍する選手が、なぜビッグエアーでトゥ抜けの方がスピン数を上げられるかということもわかることになります。

だからこそ、その特徴を利用してあえて逆を行う練習することで、スノーボーダーとしての技術レベルが上がります。おそらく、今回のハウツーは初中級者向け。でも、意外にうまい人でも難しいかも!?

つま先側の横滑りをやってみよう!

つま先側でスライドする時には、しっかりと頭を起こして上体を立てるようにしましょう。
つま先側は、内傾と言って身体が山側に傾きがちです。
上体を起こすために、スネ全体に体重を乗せる感覚が必要です。

ヒールサイドでの斜滑降(キレ)をやってみよう!

カカト側の気を付ける点は、お尻を出さないこと。荷重しようとあまりお尻が出ている人、いるので気を付けましょう。
つま先同様に上体は起こし、つま先を胸に引き上げしっかりとカカトでエッジングするようにしましょう。
また、カカト側では、目線が谷側に向く初中級者の方も見受けられます。必ずボードが進む進行方向に目線を送るようにしましょう!

飯田フサキ プロフィール
東京都出身、現在カナダ・ウィスラー在住。
スノーボード歴35シーズン。そのほとんどの期間、雑誌、ビデオ等スノーボード・メディアでのハウツーのリリースに捧げている。
90年代を代表するスノーボード専門誌SNOWingでは、「ハウツー天使」というハウツー・コラム執筆。季刊誌という状況で100回以上連載という金字塔を立てる。またSnowBoarder誌初期の頃から様々なハウツー・コーナーを担当し、その中でも一般読者にアドバイスを贈る「ドクタービーバー」は大人気に!その他、自身でディレクションし出演もしたハウツービデオ&ハウツー本は大ヒット。90年代のスノーボード・ブームを支えた。
現在も日本最大規模のスノーボード・クラブ、DMK Snowboard Clubの責任者として活動し、レッスンも行っている。
普段は、カナダのウィスラーのインストラクターとして活動し、世界中の多くの人にスノーボードの楽しさを伝え続けている。2016-17シーズン、ウィスラーのインストラクターMVPを獲得!!
AmazonのKindleストアで最新書籍『スノーボード入門 スノーボード歴35年 1万2000人以上の初心者をレッスンしてきたカリスマ・イントラの最新SB技術書』絶賛販売中!!