ライダー能力値の高さを感じさせる小松吾郎のTHE LOST TAPES

さりげない数秒間に凝縮されたライダー能力値の高さ。
小松吾郎のバックカントリーでのライディング一コマ、THE LOST TAPESがORIGINAL HACHIから公開!

この現場に立ったライダーは、事前にどんなことをイメージし、どのようなライン取りをするのか?
そんな想像を搔き立てるフッテージだ。

思い通りのライン取りで、ややヒール気味アプローチからリッジを抜ける。
スピードを乗らせて、見事な放物線を描くジャンプだ。
パフっとチャクった瞬間、まさにスノーボーダーとしての至福の時だろう。
撮影者の「あ~俺も飛ぼうと思ったのに~イェー!」に思わず共感してしまう。