ライダーがクリフ飛んだらランディングバーンが雪崩だった…

先日は、ユタで起きた雪崩のニュースが大きな話題となったが、今回はワイオミングでは起きた雪崩の映像を紹介しよう。

ライダーがカッコよくフロントスリーをしたと思ったら、まさかその時に雪崩が発生したのだ。
おそらく、ライダーが上の方でターンを切って、そのきっかけで起きてしまったのだろう。
それにしても飛んでから着地点を確認したら、斜面が動いているって、とても怖かった経験に違いない。しかも、瞬時の判断が必要で、もの凄いプレッシャーが掛かったことだろう。というか、ここまでの境地に達すると、ただ無事を考えそのことだけに人間は集中するのかもしれないが…。
幸いなことにこのライダーJoe Quillinanは、無事だったとのこと。

現在、北米では各地で雪崩が発生しやすい状況にあり、バックカントリーで撮影するライダーたちに警戒感が高まっているようだ。
日本国内でも、同様に雪崩の注意報が出ている地域もあるので、過信は禁物。
本当に気を付けてほしい。