webサイト=ブログ

本日ニュースでアップさせた「Signalがレコードでスノーボードを作る」って、なかなかユニークな試みですね。

http://www.dmksnowboard.com/news/

自社工場を持つブランドならでは、できること。

一般の方は、スノーボードのブランド、イコール、各社それぞれが自社工場を持つというイメージがあるかもしれませんが、世界でスノーボードを製作できる工場というのは、意外と少ないものです。

A社のブランドと、B社のブランドのハイエンド・ボードが同じオーストリア(ヨーロッパ)の工場で作られていたり、また安いコストのボードが同じ中国の工場で作られていたりするのです。

Signalというのは、小さいカンパニーだと思いますが、こうして自社工場を持っているのはリスペクト!

今回ニュースをアップしていて、さらにSignalがリスペクトなことを発見!それは、ホームページのトップページが、ブログになっていたことです。

http://signalsnowboards.com

をクリックすると、

http://blog.signalsnowboards.com

というブログ名のアドレス名にわざわざ変更し表示されて、いきなりブログのページになっているのです。

僕はかなり前から、ブログという形式こそ、ホームページの存在価値であり、これこそブランドにとっての最大プロモーションになるのだろう、と思っていました。

毎日アップすることで、見る人は確実に増えるし、この毎日見ている人にホームページは支えられると思ったからです。
毎日更新こそサイトの命と考え、ある時期からサイトへより多くの人にアクセスしてもらうSEO対策とか、雑誌への広告とか、考えないようになりました。そんなの面倒くせえ!ってわけです。それよりは、自分自身の力を付けること。イコール、毎日更新だったのです。

だから、dmkサイトのニュース(ブログ)も、10年以上一日も休まずに更新して来ました。
僕は、正月やクリスマス、また飛行機での移動日、さらにはインフルエンザで倒れた時にも毎日更新し続けました。
たぶん、世界中のスノーボード・サイトを探しても10年間以上毎日更新を続けているのは、dmkだけでしょう。そういった意味では、僕はスノーボード界のブログ・キングかもしれません。

世間のみんながハウツー天使と思っている間に、密かに(?)ブログ・キングになっていたというわけです(笑)。

自分がNomisを始めるようになって、プロモーションが成功していた理由も、雑誌の広告でもなく、営業でもなかったと思います。そう、dmkサイトで宣伝し続けたらからです。

もちろん、営業もビデオの広告なども大事だったのですが、間違いなくdmkサイトが牽引したと言えます。
そこから、様々な動きがあり、ショップの店員さんだったり、口コミだったりなど、プロモーションが波状していきました。

メーカーが、ホームページを持つ意味は、自社ブランドの製品を掲載するカタログのような効果もあります。
しかし、それ以上に日々更新するブログが大切だと思います。

このことは、3年ほど前だったか、アシュベリーのホームページを見た時に確信しました。

http://ashburyeyewear.com

今でこそ、トップページでロゴをクリックして、ブログページに入るという作りですが、当時はいきなりブログページに行きました。

そう、元気な若いイケているブランドは、ブログというのがトップなのです。例えば、ステップチャイルドでも、この通り。

http://www.stepchildsnowboards.com

さすが、スノーボード界のプロモーション・キングのショーン・ジョンソンだけあって、そのへんは抜かりがないわけです。

トップページがいきなりブログ・ページでないにしろ、ブランドがブログを大切にしないというのは、ある意味、そのブランドのプロモーション方法の一番の武器を捨てていると言えます。

『webサイト=ブログ』なのです。

ところで本日の写真は、ビール。
だいたい毎日ビールを一杯飲むのですが、いつも飲むコーカニーという銘柄は、6本パックで1000円ほど。
ワイルドキャットならほぼ同じ値段で、8本パックを買えると知ったのです。
だけど、実際に飲んでみると、キレ味はコーカニーの方が上に感じました。
これからも飲み比べて最終ジャッジメントをしたいと思います。

さあ、明日の朝はいよいよ日本戦。明日も勝って、ぜひ優勝に向かって付き走ってほしいものです。
だけど、朝4時に起きれる自身はないです(笑)。
日本はほぼゴールデンタイムのようで、いいなあ。