Nomisグローバル・ストーリー

5
Nomisのホリデー・サンプルを取りに行くため、バンクーバーにあるNomis本社に行って来ました。
 
このホリデー・サンプルというのは、クリスマスの時期に向けて、特別に販売されるモデルのサンプルです。これから、ショップにオーダーのお伺いするのに、必要になる大事なものです。
 
道中一人はつまらないので、新Nomisのユッチ、また将来のNomisライダーのトモも連れて行きました。
 
ユッチは、みなさんご存知でしょう。
slowlife the movieの冒頭パートを取り、そのポテンシャルの高さを見せ付けたライダー。今、あの映像よりも、さらにパワフルに成長しています。
先の五輪では、クロスで7位に入っています。
バンクーバー五輪でも期待の掛かる21歳。
 
トモは、井上智博。
来季は忠くんのハートフィルムに参加する予定です。
 
ハートには厳選されたライダーが数名だけメインパートを取るのですが、トモはその候補の一人です。ちなみに現在のスポンサーは、地元のショップと、dmkだけです。
まだ正式にNomisライダーにしてはいないのですが、しっかりとパートを取れば、Nomisチーム・マネージャーのアンドレに紹介して、正式にジャパンの一員になってほしい、と考えています。
 
トモのように、正式なライダーでない方は、他にもいます。また、候補も考えています。
 
Nomisライダーは、これまでシモンやアンドレのお墨付きがあって正式なジャパン・ライダーとしていました。しかし、それだけでなく僕たち日本サイドが応援したいライダーにも、商品をサポートしていく動きをしているのです。まあ、しっかりと商品をサポートしていないので、プレゼントしている感じですが。
 
ただ、トモのようにメディア方面からの露出や、ライダーとしてのプロデュース面のアドバイスをしているので、ある意味、単に商品提供を受けるライダーよりも、ずっと価値ある付き合いになっているのではないか、と思います。
今回のようにトモに本社に連れて行くという形も、1つの意義ある形ではないか、思います。
 
もう一人トモのように応援したいライダーが決まっています。
それは、シンデレラ・ガールと言えば、もうおわかりでしょうないしょうか?
 
彼女もNomis大好きっ子で、僕たちは前々からサポートしたい。良いお付き合いをしたい、と考えていました。残念ながら、今季、僕の方で撮影などでのサポートはできなかったですが、これからしっかりと結果を残し、日本の女性ライダーのトップの一人と言われれば、正式なライダーになれるでしょう。
 
 
僕たちは、こうして大ちゃん、サトシくん、ユッチというライダーを決めてきました。
 
僕たちのチームが、日本のチームの中でどれだけのものか。それは他者が決めることですが、僕個人としては、最もクールなチームではないか、と考えています。
 
シモンも含めてライダーを選抜している方法や、それだけでなく日本から提案できるシステム、また現在いるライダーたちの実力など。
 
ところでNomisジャパン・チームという枠から、一気にグローバルにまで駆け上がったライダーがいます。それはサチちゃん(田中幸)です。
 
サチちゃんは、ウィスラー夏キャンプCOCで株を上げました。
今でも、よくいろいろなところで聞かれます。
NOMISの社長マットやアンドレ、COCの代表のケンなどから
「サチは、大丈夫? ケガの回復具合は?」と。
 
本当にサチちゃんは、インパクトを与えたのだと思います。
昨年の夏に最もハイクアップした根性ガールは、来季雪上に元気な姿で戻って来るでしょう。
 
こうして、無名からジャパン・ライダーに、ジャパンからグローバルになり有名に。
そんなストーリーがあるのも、僕たちNomisの良いところだと思います。
 
 
ところで、今日もらったサンプル。
でっかい一箱で、これだけでスーツケース満タンになりました。
ムラッチョ社長、成田空港までお出迎えよろしくお願いします。
 
デザイナーのジョーダンを中央にトモとユッチ、記念撮影。 ホリデーなのに凄いサンプルの量。これだけでスーツケースいっぱいだよ。