高校3年生からの相談回答

自分のところには、時々、進路相談、
スノーボードに関する仕事の相談などが舞い込みます。
今日も、高校3年生からの相談、質問があったので、以下のように回答しました。

自分も高校の時は、正直、スノーボードのビジネスを理解していなかったし、
それこそ最近まで、知らないこともあったのですが、
正直、インストラクターやスノーボードショップの店員というのは、
一生の仕事としては、どうかな?と思います。

イントラ方面なら、どこかのスクールの校長、プラスアルファの仕事が求められます。

ショップなら、店長、さらにはオーナーという形でないと。
せめて大きなショップや勢いがあるショップなら、
ある程度の保証はあり、良い形に収まる可能性もありますが。
実際、そういう方も知っています。
ショップの超主力選手になっているということが肝心です。

どちらにしても大変で、リスクの割には収入が少ないということで、
あまりオススメできるものではありません。
よっぽど、誰よりも自分が適任であり、
というか、誰よりも志は高い、という気構えがないと無理です。

もし、ご両親のサポートがあれば、留学して考える時間を作るのも手です。
そこで、英語を学び、スノーボードを学び、これからの人生のヒントをつかめば。

人間、どこに行っても一生懸命やって上を目指さないといけないですが、
スノーボードの市場は思っているよりも小さいと思うので、
スノーボードとは、まったく関係ない仕事をして、
これからもスノーボードを一生懸命に楽しむという手も大いにあります。

実際、世の中にはそうされている人が多いです。
自分の周りにもdmkクラブに入っている方は、そんな人が多いです。
しっかりと仕事を持ち、休みの日にはしっかりとスノーボードで遊ぶと。
ライダーとかと違ってお金に多少の余裕もあり、
旅行を楽しみ、スノーボードを楽しみ、買い物も楽しみ、
そして、ファミリーとの時間を楽しんだり。

一方、ライダーの方は、一杯のコーヒーを買うのに悩む姿があったり、
寝泊まりを探すために、スポンサーメーカーのオフィスで泊ったり、
本当、大変だなあ、という世界です。

だけど、好きでやっているので、強烈な充実感を味わっているのも事実だと思います。
不安を打ち消すように、まっしぐらに進む姿勢は、
人生のかけがえのない時間を過ごしているのかもしれません。

ところで、安定というのは、自分で作るものだと思います。
「世界を視野にしてスノーボード関連で安定した職業」というのは、
もちろんそういう世界もあるけど、そこまで行くのに、
自分で道を切り開かないといけません。

今から1日英単語を1つ、英文章を1つでも覚える努力をすること。
インターネットなどで、世界のスノーボードの仕事の種類を探してみること。
スノーボードのイベントに行って、
メーカーの人が、どんな動きを観察するのか、見るのもいいです。
ボランティアでアルバイトさせてもらって、
仕事を見せてもらうのも手かもしれません。
ともかく、どんどん行動していかないとダメです。

毎日1つでも何かつかんで行動すれば、必ず道は開けます。
しかし、行動せずにもんもんと考えているだけでは、
何もスタートしません。

これはスノーボードに限らず、どんなことにも共通することですが、
1日を無駄にしないことです。
高校3年生ということですが、もう二十歳まで700日ぐらいしかないと思います。
22歳まで1400日とかでしょうか。
時間は、あっという間に過ぎます。
1日を無駄にしないように、良い意味で焦ってください。

若い時にそういう気持ちになれた方が、得です。
世の中には、あなたのような悩みを抱えた25歳前後の方が少なくありません。
今、悩んでいるからこそ、ラッキーだっという面がありますよ。

ところで、今日は、通常のサッカー練習に加えて、今週行うU12トーナメントの練習もありました。
このトーナメントは、各エリアのセレクトチームがウィスラーにやって来るというもの。
ウィスラーには、U12のセレクトチームがあるけど、そこに洩れてしまった選手7人、そしてU11先鋭の5人が加わり1チームの特別チームができました。