頑張れ小川!

29日です。
って、ことは日本では翌日になるから、あと1日で大晦日か。もし、日本にいるなら、小川対吉田を見たいなあ。
どっちを応援するか?って。
オレは小川だね。
理由はプロレスラーだから。プロレスラーって日頃は、決められた勝敗の中、観客のハートをつかむように戦っている。格闘技と違って、頻繁に興行を開催して、収益を上げないといけないショー。大きな大会でドカーンドカーンと行う華やかなK1やプライドとも違って、常にドロ臭いような姿を見せて戦っているというイメージがある。
そんなプロレスラーは今では、格闘家としては弱い、というレッテルが貼られて、昔のような強いイメージというものはない。しかし、本来、プロレスラーというのは強かったというか。そういう妄想を抱かされていただけかもしれないけど、ともかく格闘技戦では凄く強いとこ見せてもらったから。そんなところが凄く感動するんだなあ。
あと、元々オレはプロレスが大好きだったから。今でこそ見なくなったけど、猪木の全盛期では夢中になって見ていたね。高校生の時は、後楽園ホールでアルバイトしていてからレスラーたちの裏側の姿というのも見せてもらった。当時の新日本は全日本と比べて練習熱心で、中堅選手が若手とよくスパーリングしていたなあ。そんな若手の選手たちは、格闘技系の団体に行ってしまったけど、彼らは強いレスラー像というのを体現していた。と同時にショーであるプロレスというものもしっかり見せていて本当にプロだと思った。
もちろん勝敗が決まっていない格闘技の道に行った選手も相当に厳しい。だから、吉田だって、かなりリスペクトできる選手だけど、プロレス・ファンから育って自分は、やはりプロレスラー小川を応援したいのだ。それに小川は今は亡き橋本とも戦った選手だし。そのへんのドラマを背負っているという点でも魅力的。というわけで、頑張れ小川です!