菅野智之

世の中には、なになに党という言葉があります。

例えば、コーヒー党とか。

僕もコーヒー党であり、またプロ野球に関しては、ジャイアンツ党です。
最近の若い人たちは、あまりプロ野球を見なくなったようですが、昭和43年生まれの僕にとっては、巨人の星、アパッチ野球軍、サムライ・ジャイアンツを観て来ましたし、遊びと言えば野球でしたから。

王に始まり、原を応援し、松井を応援して来た自分にとって、今回のドラフトは興味がありました。

結果は、みなさん御承知に通り、日本ハムが原の甥、菅野智之を強行指名で交渉権獲得。

「小さい頃には一緒にできたらいいなというくらいしか思ってなかったのが、大学にいってある程度実績を残せるようになって、それが夢ではなく現実となるように自分の中で思い描いていたのはある。」と語った菅野。

ぜひ、夢を叶えてほしいです!

一年浪人は、キツいだろうけど、この一年浪人したお陰で、良かったと思えることもあるだろうから。

20年後、菅野智之が活躍した時、原の甥ということを越えて、菅野智之が偉大な選手だった、ということを後世のファンは考えるでしょう。

坂本、長野、沢村、そして菅野で、巨人の「新」黄金時代を築いてほしいなあ、と思います。

本日、昨日の試合の集合写真が送られて来ました。
最後のゲームに集まったメンバーたちです。