英語メール格闘

もう最近わけのわからない英語メールが多い。
先日は銀行から家のローンに関する大事なメールを送ったらしいけど、見ないで捨ててしまったようだ。
やたらと、ウチのローンは安いなど広告メールのようなものが来るので、それといっしょに間違えて捨ててしまったのだろう。
それで、今日笑ったのは、あるスノーボーダーからバイタミンを購入したいという要望。snowboarderとあるから、てっきりこっちはsnowboarder誌と思い返事をしたら、どうやらただのお客さんだった。
危うく無料で送りそうになったよ(笑
 
あと、あの筆不精のシモンから久々のメール!!!
バイタミン2最高に気に入っている、と。兄のマットもそう言っていたのだけど、なんで今回の方が彼らのテンションが上がったのか。クオリティも上がったのだけど、たぶん技が高等になり、これ自体がイメージ系にもなりうる、スポンサーにも「こんな仕事をしたんだぜ!」と言えるとか、そんな要因もあるのかもしれない。
ともかく、捨てなくて良かった。
 
あと、危うく捨てそうになったメールは、以下の文面で始まるメール。
 
Yo Fusaki,

this is lukas huffman emailing you.  I would love to share with you and your website a project that i made last winter.  it is called ir77, and is a book and movie that is about the raw energy of snowboarding.

 
Yoという文字、途中にloveという文字で、なんだかわけのわからないエッチ系か、と思ったら、あれっ、ルーカス・ホフマンだって!いきなりコイツ、初対面メールなのにオレにYoとか呼びつけかい!! まっ、そういうキャラなんだろうね。オレのウエブサイトとシェアって、わけのわからないこと書いてある。シェアしていっしょに商売しよう、ってことかな。日本の売り先は、dmkになれっ、ってこと。だけど、彼の作品は確かチャンピオンさんでやっているハズだけど。
 
あれっ、そう言えば、あのカナダの新ブランド、ルーブのヘッド・ウェアーの奴、せっかくオレが仲介をやろうと思って連絡したのに、返事来ないな。というか、英語メールって本当に区別付き難いので、捨ててしまったのかもしれない。
 
だけど、こんな英語メール格闘をガンガンやってれば、オレの英語もマシになって来るのかな。
ともかく、nomisやってから間違いなく英語力はアップしたし、やはり英語上達は仕事が一番かもね。