胸ポッカリ

なんなんだ、この胸のポッカリ感。これは松井ファン、ヤンキース・ファンでないとわからないだろう。
 
王貞治ファンに始まり、巨人ファン、アントニオ猪木ファンから新日本プロレス・ファン、そして原辰則ファンから、松井ファン、ヤンキース・ファンになった自分にとって。今日の結末は・・・。なんと言うのだろう、失恋の感情にも似ているし、マージャンやって役万振った感じにも似ているし。ともかく、寂しいというか。missingしているというか。
 
悲しい時、人はそれぞれ様々な方法で、それを解消しようとする。例えばウチのカミさんなら、黙る。オレの場合には話す。だけど、周りにヤンキース・ファン、松井ファンがいないようで。この気持ち、アキならわかってくれるかな、ムラッチョならわかってくれるかな、なんて。
 
もう、こうなったら何かに夢中になりたい!ということで、ワインを飲みながら原稿執筆。お陰様でよく進みました(笑