紅白MVP

5
紅白見ました。
 
印象に残ったのは、
 
鳥羽一郎の時のウルトラマンの演歌風手拍子。
(大河の友達カナダ人5歳と3歳男の子もこれには圧倒されていた!)
 
仲居くんのやたらに進行を早める司会ぶり。
 
美川憲一、あいかわらず歌うまくない。
 
ほしのあき谷間くっきり。
声がしっかりしていて単にグラビアアイドルではなさそうな実力者かな。
 
岡村サイコー!
 
森昌子さんの歌詞間違い。
会場では気にならないけど、日頃、PEAKで英訳テロップ作業している人間としては、
違和感を感じてしまう。あの感動復活が、歌詞間違いで一瞬キョトンとなってしまうのだ。
 
小林幸子の衣装は1年がかりだけど、
あの歌に1年がかりの気合は感じられない。
小林幸子さんファンには申し訳ないけど。
演歌歌手はもっとチャレンジ精神でラップとは言わないまでも、演歌に一工夫してほしい。
 
DJ OZMAのあれはヤバイでしょ。ヌードのボディスーツ。
酒の入った宴会芸ならともかく、アメリカではあり得ない演出だ。
 
その後のアンジェラ・アキさん、しっかり風向きを変えたけど。
あいかわらず身に染みる歌いっぷり。
 
SMAPを見て。
一人ひとりのキャラがあり改めて凄いなあ、と思った。
スノーボードのチームもライダー一人ひとりが強いと最強になるのは歴史が示している。
かつてのラマー・チーム、サンタクルーズ・チーム、そしてフォーラム・チームなど。
ステップもシモンだけに頼っていてはダメだ。
ノーミスもシモンだけに頼っていてはダメだ。
キムタクの後、どんどん他のメンバーが活躍したように、
チーム員の個々が上昇しなくては。
 
白組はSMAPの後のサブちゃん祭りで大盛り上がり。
あの歌はまさに伝家の宝刀だ。凄い!
演歌歌手は同じ調子なので飽きるけど、
サブちゃんだけは別格に感じた。
 
ということで、個人的なオレの賞としては、
 
MVP サブちゃん
新人賞 アンジェラさん
おもしろかったで賞 ウルトラマンの演出(鳥羽一郎)
最悪で賞 DJ OZMA