爆弾小僧

トモから今季ハートと共に撮影した素材が送られて来たのだけど、遂に来た!って感じの良い映像でした。
応援してから3年ほどなるのかな。なかなか開花しなかったけど、今季のトモのパートはかなり良いですよ。

トモは、パークやジブとかで今風のカッコいいスタイルを残せるライダーでないと思います。
昨日、スクローバーのティーザーをdmkニュースで紹介したのだけど、彼らのようなスタイリッシュさはありません。
スクローバーのライダーたちは細かいところでカッコいいし、彼らのジブ・スタイルは多くのスノーボーダーたちが憧れると思います。
今、日本のスノーボードのメディアの中心に、彼らのようなスタイルがあると言ってもいいでしょう。
トモが彼らのようなことをやっても到底かないっこないのです。

だけど、今季のトモの映像は、バックカントリーで爆発感がありました!!

元々爆弾小僧だったから、玉砕映像には定評があったのだけど(笑)、その前提としてカッコいい映像をしっかりと残せていなかった。だから、その玉砕映像も活きて来ないというのがありました。

だから、僕たちはなんとかならないか、と思いいろいろな人の助言を聞きましたよ。

シュウくんは、スタイルを付けるために「もっとバックカントリーに行く前にパークで練習しろ」と言ったし、
コニは、「大会に出て勝ってからでないと」と言っていました。

ノブくん、ハート2のエディターで僕にトモを強く紹介した人物は、「バックカントリーにこだわらず、ゲレンデ内の一般層にも共感を得るような画を残せ。」
というようなアドバイスもしました。

僕は、彼らのアドバイスを聞いていて、もっともだと思ったし、トモも参考にしたと思います。

だけど、もう1つ自分の中で答えが出なかった。良い青年だし、応援もしたい。だけど、どのようにアドバイスをしていいかわからない。できるのは、ともかくお前のことを応援しているんだぞ!という強いメッセージを伝えることだけ。

でも、今季残した映像を見て、トモはトモなりに良い意味で頑固に突っ走った、と思いました。
オレたちのアドバイスも聞いていたのだろうけど、やはり自分がやりたいことをやった。そして、遂に良い画を残せた、と。

もちろん本人もまだまだだと思っているだろうし、僕たちだってまだまだだと思っているのだけど、やっとのことで、しっかりと結果を残した、と。
忠は、厳しいから、まだまだだよ!と言うのは間違いないけど。
だけど、僕個人としては、よくやったと言ってあげたいです。トモ、おめでとう!と。

ムラッチョは、「お前、今季結果を残さなかったら、来季はないぞ。」くらいに叱咤激励していたけど、見事にトモは結果を残したと思います。

この映像を見て、早速、ウエストビーチにも送りました。
きっと彼らもトモがグローバルライダーの一員になったということで、迎えてくれることでしょう。

これからもトモには、カナダという広い舞台で、爆弾小僧という感じで、元気な画を残してほしいですね。