気合い入れ直し

今週は、大河のサッカーキャンプ。そして今日から大河は、上のクラスに入りました。
ところが、学年の上の子たちとプレイしたためか、委縮しているようで、いつもの大河らしい動きが見れませんでした。
ガックリ。


そこで帰って来てから気合いの入れ直し。
大河にとってみれば一日サッカーした後に、再びお父さんの特訓で辛いかもしれないけど、大河にどうしても伝えたいことがあったのです。

それは、どこに行っても自分のプレイをしよう、ということです。

まずは、俊敏性を鍛えるために、寝転がった状態から手を叩いて競争。
お父さんには一度も勝てなかったけど、かなり気合いが上がって来ました。

この後は、パスをもらうたびに「パス」と声を掛け合う練習。
ゲーム中は、委縮しないでもっと積極的に声を掛けてほしかったので。

次は、どんなことをしてもいいから、ボールの奪い合い。
この練習は、相撲のように押しても構わない。手を使って相手をつかんでも構いません。
きれいなプレイにこだわらないで、もっとダーティに強い自分を出してほしかったのです。

この練習で大河は、かなりエキサイト。顔の表情もどんどん変わり元気な笑顔になって来ました。

この時点でお父さんは、かなりハアハアだったけど、大河の気持ちを盛り上げるために、何やってもいいよ、と言ったら「シュート練習したい。」と。

最初、気合いを入れるため、大声で叱咤激励。「そんなボールじゃあ、蚊が止まっちまうよ。」なんて感じで。
大河の打つボールは、容赦なく速くなって来て、受ける方も必死です。

もう自分の方は、ダウンだったけど、大河はさらに「センタリングをやりたい。」ということで、さらに練習。

練習が終わった後は、目が輝いていた大河。
明日は、いつもの自分が出せればいいのだけど。

今日もよく動いたので、ビールがうまかったです!(笑

今日のNomisコーナーは、先ほど、デザイン担当者から届いたこの秋冬モノのガールズのADを。
とてもカッコいいですね!ぜひ女性に今季のNomisを着てほしいなあ、と思います。