最近の出来事

今日は、午前中、キャンプオブチャンピオンズとのミーティング。
ここ2日間連続で行ってます。
この時期、キャンプの申し込みが増えているのだけど、すでに3番目のセッション、キャンプCが満員に。だから、申し込んだ日本人ライダーたちが、しっかりと参加できるように念を押しておきました。
 
————————————————————
 
今日は休みだったけど、ここ2日間は、ユキエちゃん率いるリルと撮影していました。
とっても良い写真が撮れましたよ。この写真は、雑誌や広告などに登場するでしょう。
 
ユキエちゃんとの撮影は、今季はシーズン頭にもしているので、第二弾なんです。
 
彼女たちのプロ根性も見えて、とても興味深いです。
 
とりわけ男ライダーたちとの大きな違いは、常に調和を保とうとすること。
男同士の撮影でありがちのイライラを素直に出しちゃって「ふざけんじゃねえ」という感じにはなりません。
フィルマーとライダーが、お互い尊重し合い、時には辛抱して、前向きに仕事をしていきます。
 
また、かなり粘って粘って、とことん良い画が撮れるように、粘ること。それも印象的でした。
 
例えば、昨日。もう山がクローズする前の4時。天気なんか曇り空で、雪も固かったのです。
普通、男同士のライダーなら「ここでやってもしょうがねえ。さっさと帰ろうぜ」というノリの状況ですが、そんな時でも粘って画を残そう、とするのですね。
 
チャンスは得ようとしないと得れないのだから、もちろんどんな状況でも挑むべきです。
だけど、普通、その可能性が低ければ、撤退しがちだけど、ユキエちゃんたちは頑張る。
そんな姿勢が、とても興味深かったし、一般の人が知りえない、隠れた努力なんだな、と思いました。
 
ところで、ユキエちゃんって、驚くほどフリーランの画を決めるのがうまいライダーです。
これは意外に知られていないけど、世界でもトップクラスでしょう。
 
今の若いライダーで、うまい人はたくさんいますよ。だけど、カメラマンと協力し合いながら、良い画を残すってことに対して、まだまだ若手はユキエちゃんに学ぶことがたくさんあると思いました。もちろんお世辞とかではありません。マジでそう思います。
 
————————————————————
 
2日前、撮影に行くためバス停に行くと、迷惑なところに車が止まっていました。コイツ、こんなところで邪魔だな、と思っていると、ニコニコしながらフミ(村上)が出て来て、「おはようございます」とご挨拶。
「あれ、どうしたの?」
と聞くと、
「いやあ、これ中井の車で。久々に走ってあげたら、ガソリンなくて止まってしまったんです。今、ジゾーさんにガソリンを持って来てもらっているところなんです」
とのこと。
 
フミは、ますますオジサン顔のように風格が出て来たけど、こうして照れながら笑顔は、本当に可愛い感じ。まさに憎めない奴って感じです。
 
個人的に思うヒーローというのは、「愛嬌」がないといけない、と思うのです。
だから自分としては、イチローとか中田とかダメですね。
長嶋とか、松井って感じです。この二人は、自分にとっては愛嬌があるので。
そういった意味で、フミは合格です。
 
————————————————————
 
我が家の出来事。
今日はカミさんが、クレアのパスポートを取るため、バンクーバーへ。
最近、クレアのパスポートの期限切れに気づき、来月、日本に行くため、急遽、パスポートを取りに行くことになったのです。
 
だけど、書類に不備があり、ほんの些細なことだけど、受理されずに戻って来ました。
そんなわけで僕は、明日、朝早くから子供たちを連れて、バンクーバーに行くことになりました。
 
 
毎日、いろいろあるもんです。