新スポーツブラ案

7

先週に引き続き、カナダのスノーボード専門学校で講義を行った。今回のテーマはマーケティング。
まず自分が今、行っている原稿の仕事から、どのようにこの企画が生まれたのか、という背景を説明。そこからマーケティングの大切さを伝えていき、次に、今、自分のメイン仕事としてやっているビデオに関する話をした。この商品の魅力や、どうやって売るのかなど、説明したら約半数もの人が、このビデオを買いたい、と手を上げてくれた。
次は生徒がトライする番である。テーマはスポーツに関することで、モノでも企画でも、何でもOK。何を売るか? いくらで売るか? 予算の集め方から、どこをターゲットにして、どのようにリサーチするのか? 以上のようなヒント・キーワードを授けて、4つに分かれたグループがディスカッションを行ってもらった。
そして、発表の段階。それぞれおもしろいアイデアがあり、実際、かなり良い商売になるのでは?と思われたものもあった。
例えば、冬の凍ったところでも使えるスケートシューズ。このシューズはバートンのブーツのように、氷を削るような金具がついていて、それを出したりしまえたりするもの。確かにカッコいいスケートシューズを冬場でも履きたいという願望はあるだろうし、これはいい企画だと思う。
家でできるトレーニングやリハビリ、応急処置などのハウツーをビデオにするという企画もかなりおもしろそう。スポーツをやる人なら、誰でもこのビデオを買ってみたいと思うだろう。
女の子のグループは、スポーツブラ。発汗性があるものである。スポーツブラは、可愛いものがないので、普段でも使えるような良いデザインのスポーツブラがほしいということ。まさに、新スポーツブラのアイデアだが、これなんかもかなり売れそうな気がする。
いろいろ良いアイデアは、実際に試してみたら、様々な難関があるに違いない。例えばスポーツブラなどは、やはりスポーツに適応したデザインだから、可愛らしいデザインを出しにくいということもあるだろうし。だけど、そうしたらヒラヒラをつけるとか、何か工夫することによってその商品が成り立つかもしれない。
自分のハウツー・レッスンにも言えることだけど、今回の授業でも考える力というのがテーマだった。将来この授業をきっかけに、本当に新しい商品開発をしてくれるプロが出たら嬉しいし、これからももっとおもしろい授業ができるように、自分自身勉強をしていかなくてはと思った。もちろん、自分が実際に行って成功しなくては説得力に欠けるから、今年出すハウツー・ビデオをぜひ成功に導きたい。