寝れそう

実のところ、土曜日にサッカー試合があって、気分がもんもんとしていました。
土曜日の夜、日曜日の夜、このチームをどうしたらいいだろう?と考えると、寝付きが悪くて。
夜ベッドに入ってから、これをしよう、と思うと、机に向かいメモして。
あっ、これもいいや、と思うと、また起きだしてメモして、というふうに。

ポジションニングができていない
カバーリングができていない
パスをしない
クリアができない
守りに入った時、ディフェンダーはプレッシャーを掛けずに待っている

ともかく、ないない尽くしでサッカーにならなかったのです。

そこで、今日は、このクリアできない、以外のすべての項目でレベルアップする練習を考え行いました。

すると、どうでしょう、子供たちは見違えるプレーをするようになったのです!
正直、信じられない光景でした。
子供たちに自分の情熱と練習課題が伝わり、プレーが見違えるように良くなりました。

この時期の子供、9歳、10歳はそろそろ大人のようなプレイをする時期になります。
だから、正しいコーチングを行えば、見違えるように変わるのだと思いました。
そして何より、コーチが情熱をもたなければならない。本気が伝わらなければならない。オレはお前たちをうまくしたいんだ!ということをしっかりと伝えないと。

すると、やはり男の子、変わるのです。
やっぱボーイは楽しいなあ、とつくづく思いました。

カナディアンはジャパニーズボーイと比べて、比較的ぬくぬくと育っているように思います。親が甘いというか。特にウィスラー、親がお金持ちでボッチャンみたいなタイプも少なくありません。
だけど、少年はやはり男を持っているのです。そこをしっかりと刺激すれば、成長する。
今日は、本当にそういうことを痛感する日になりました。

神様は、幸せな時に苦を与えたり、また苦の時に幸せを与えたり、素敵なもんだ、と思いました。
だから、今日、幸せだったから、ここでビシっと慢心せずにいこう、と決心しました。

今日は、くしっかりと寝れそうです。

ところで、今日、シャーリーのお父さんとおじさんが突然やって来ました。
いやあ、ビックリです。
考えてみたら、いつもそうなんです。
この二人は、本当におもしろいので、笑いが絶えない夕食になりました。