奥が深いカービング

8

ここ最近ずっと晴れだったけど、昨日からガンガン降るようになりました。

今日の朝イチのランも気持ち良かったです。
ミニ・パークを流して、その後、カービング・クルージング。

何年もやっているのに、なかなか極められないカービング・ターン。
ちょっと見えるたびに、また課題が見つかるので、奥が深いものです。

単に滑った跡が一本の線のようになるということが、カービングなら、
それはある程度の斜面ならできます。

そこから急斜面でもできるような道もあるし、
また、緩中斜面のカービングをさらに美しく、カッコ良くしていく道もあります。

両方ともやるけど、後者の方が好きですね。

また、板やブーツが変わるなどで、乗り方も微妙に違って来るものだし、本当に難しいし、そこがおもしろいところだ思います。

カッコ良さなどは、人様々な感覚かな、と思う部分もあるけど、
誰もが「フサキのカービングはカッコいい!」と思えば、良い。そこがゴールかな、と思います。
そして何より、自分が納得して気持ち良くないと。

まだまだ道は遠いような。
明日も頑張るぞ!