夢の10エイカー

4

午前中はベビーシッターをやってくれるという日本人の女の子がやって来た。
これから撮影の季節が始まるので、彼女にお願いしようというわけである。
実を言うと、先にも来ていただいた方がいたのが、その方は英語が話せないということであきらめた。英語が話せなければ、シャーリーと会話もできないので、困ることが出ると思ったからである。万が一の事故などにも対応できないし。別にペラペラな英語が必要なわけではないが、ある程度、理解できたりできれば問題ない。ということで、今回の募集案内には「多少英語が話せる方」という項目を入れといた。
さて、そのベビーシッターの方が来ていただいている時に、シャーリーが「良い物件を見つけた!」と言い、早速、不動産会社に電話していた。シャーリーは、こういう思いつきの行動は素早い。別にすぐに購入するわけではないが、どんなところか聞いているのだ。
その場所はウィスラーから車で1時間半から2時間ほどのバーケンヘッド。ちなみに以前、オレはここまで自転車で行ったことがあり、メッチャ疲れたのだけど、この話はおもしろいのでいずれこの日記コーナーで紹介したい。
ともかく、その遠い場所だけど、10エイカーもあるということだ! 家は2ベッドしかないようだけど。
1エイカーでも、かなりの大きさである。それの10倍ってヤバイ。値段は2000万円強と言ったところ。
気になったので、1エイカーをウエブで調べたら、
43,560平方フィート=4,840平方ヤード=4,046.86平方メートル=約1,224坪。square acre(四角形の1エーカー)の1辺は約209フィート
以上のように出ている。
これの10倍だから、ゴルフ場とか建設できるね。きっと周りは木しかないけど。
これってもしかして宝の山!?と思ったのは、このバーゲンヘッドという場所は、松茸がたくさんあることで有名だからだ。ウィスラーでも季節になればたくさん採れるけど、バーケンヘッドはもっとある。だから、毎年、恒例行事のようにオレは数少ないカナダ人(名前はハービー)の友達とそこまでキャンプして、松茸を採るのだ。
となると、もしかして自分の土地の中で松茸が採れるのである。ここを買って、松茸採りツアーとかやったら、おもしろそうだなあ、と思った。キャンピング、フィッシング、乗馬なども絡めて行って。
冬になって雪がたくさんあったら、ここでトゥリーラン撮影もできるかな。とりあえずファミリー専用のパークを作ってもいいし。
このようにいつも夢物語を考えている自分は、いつも自分の頭の中だけでなかなか夢が達成できないのであるが、ともかく今、たくさん仕事を抱えているので、戻って仕事をすることにしよう。