各ライダーが誰とつるむか

今日のウィスラーも暑いです。
暑いと食欲を失うので、そんな時は冷たいそうめんがいいですね。
だから我が家のランチは、そうめん。
遊びに来ていた大河の友達のトニーくんは、そうめんにハマってしまって、2食分くらいペロリといってしまいました。凄~い!


カミさんのシャーリーもそうめん好きだし、きっとカナダ人の多くの人はそうめん好きなんだろうなあ。
アメリカやカナダで、流しそうめんやったら儲かりそうです。

この後、近所のカンタくんの家で、かき氷もいただきました。
これにも子供たち、大喜び。かき氷というのもカナダで人気が出そうですよ。

ところで今日も引き続きCOC写真の整理。
シークエンス写真を作っているので、これからしばらく毎日は、COC写真との格闘です。

COCで興味深いことの1つには、各ライダーがどのライダーがつるんでセッションするか、ということがあります。
同じブランドだったり、同じフィルム撮影しているメンバーだったりすると、やはり仲が良いという傾向があるけど、必ずしもそうではありません。
例えば、シモンとアーロン・ビットナーのピープルクルーのチーム。客観的にはいっしょにセッションすれば最高なのに!と思ってしまうけど、決していっしょに滑らないのです。
以前、アーロンに「Nomisどうかな?」って提案したのだけど、難しかったことがあります。
きっとアーロンなりに違うってあるんでしょうね。

シモンと仲がいいのは、JPとジョーです。
同じNomisライダーのデレックやトレントともセッションしたことがあるけど、ほとんどJPやジョーといっしょ。

同じStepchildでもEマンは、別の仲間とつるみます。Eマンが、ジョーやシモンとの絡むのは、ショーン・ジョンソンという親分が撮影することで実現するけど、それ以外はナシ。

おもしろいですね。

って、書いたところで、シモンからメールが来ました!
おお、嬉しい内容だ。
これは近日中に発表ですね。