僕の板がぶっ飛んだ日

偶然にも見つけたんです。
 
「あれ、ジミーか!? あっ、そうだオレの板だもん!」
 

ちなみに右下で帽子をかぶって撮影しているのが、僕です。
 
それは、ThirtyTwoのホームページを見てた時のことでした。
 
今や、どこのメーカーでもブログ形式で日々起きていることを紹介して行くのは、新しいマーケティング・ツール。
もう、多くの人たちが気づいていると思うけど、単に広告でドカーンと自社ブランドを宣伝するだけではなく、ホームページのブログ形式を通して、日々、自社ブランドの情報をリリースして、ファンに応えていく使命があるわけです。
 
もし、それを怠っているブランドがあるとしたら、ダサいとしか言いようがない!?
 
と、言うのもこのニュース(ブログ)のアップは、雑誌やビデオの広告と違って数百万円とか必要しないで、まあ、労力、人件費は掛かるけど、無料でできることだから。
 
ともかく、そんなThirtyTwoの日々の出来事をチェックするページをチェックしていたら、ジミーの写真を発見したのです。
 
あの日、ジミーは、使っていた自分のボードが壊れてしまって。
それで、急遽、僕のステップの板を借りることになったのです。この板は、一昨年にステップチャイドのブラッド(注:ショーンの右腕、実質ビジネスを動かしている経営者)からもらったものです。
もう、かれこれ滑走日数は、200日近くかも。
 
そんな僕の板が、ジミーを通してぶっ飛んでくれて感謝したものでした。
 
「ああ、お前もこんな思いができて良かったなあ。オレが使ったせいで、ぶっ飛ぶ気持ちを味わうことができなかっけど。今、こうして天高くぶっ飛んでくれて、嬉しいよ」
 
と思ったのです。
 
それにしても、このブログ、またもや、お笑い部分を発見しましたよ。
 
「なんだよ、このヤロー、アキ! ちゃっかり、JP、シモン、アンドレと記念撮影しているじゃないか。なんなんだ!!」
(注:アキとは、パークのゴクイ、カメラマン、ディレクター、以下のページでちゃっかり記念撮影している奴です)
 
 
それにしても、このページ、おもしろ過ぎだなあ。
 
ジョーは、TJシュナイダーの犬にアイスクリームを食べさせようとしていたり。
お馴染みのシモン他のライダーたちが、楽しそうにふざけあっていたり。
 
あの日、こんなことがあったんだ、と改めて思いました。
 
それにしても、何でThirtyTwoのページにジミーのぶっ飛びなんだろう?
本当、よくわからないけど、もしかしたら、最近、ThirtyTwoとステップは仲が良いから、きっとジミーをステップの日本のライダーなんかと間違えて、出してしまったのかもしれませんね。
まあ、ともかく、
 
「よっ、ジミー、なんとThirtyTwo本国サイトに登場したぞ!!!」