便利なシステム

6

朝一番で子供たちはデイケア(託児所)へ。
この後はいつものようにPCの前で格闘が始まる。なんだか、今日はメールが多いみたいだぞ、と思ったらアヤちゃん(dmkクラブ部長)から10通ほどのメールが。あいかわらずも凄いエネルギッシュ!まさにdmkクラブを引っ張る力はここから生まれる。とりあえずざっと目を通して、先にオーダー関係から返答した。オーダーというのは、返事が遅くなるのはよくないので、なるべき先に返答するようにしているのだ。
その後は、ニュース更新作業、そしてアヤちゃんのメール返答、シモンのハウツーの原稿書きという流れ。
シモンのハウツーは執筆していて、楽しくなる。きっと滑りを見るだけでカッコよくて勉強になるからだろう。どんな流れで伝えたら、読者に共感を持って受け入れてもらえるか考えながら作業すると、とても楽しいし。
郵便物が届いているとうことで、郵便局に行ったら2週間前にオーダーした本がもう到着していた。アマゾンからオーダーしたのだが、便利な世の中になったとつくづく思った。このシステムは、北米だと3~4週間で到着し、通常の本代に送料が1200円、さらに手数料が1冊につき300円掛かるだけ。今回は3冊の本をオーダーして手数料、送料関係は2100円だった。海外で日本の本がこれだけの値段で買えるというのは、とてもありがたいシステムである。これからは頻繁にオーダーしそうだ。
便利なシステムというと、インターナショナルカードも心強い。日本の銀行口座の普通口座から貯蓄口座にネットで資金を移動。その際には手数料がまったく掛からない。そして、本日のレートで海外のキャッシュマシーンで引き出せるのだ。以前は、お金がなくならないように、日本に帰った時に一気に資金移動させたりしたり、最悪のケースではウィスラーに来る人に持って来てもらったりしたのだが、もうそういった面倒なことをしなくていい。しかも、キャッシュカードで降ろすお金は、すでにカナダドルになっている大変便利である。
このような便利なシステムを利用することで、今まで掛かった手間かなくなり、しかも先日伝えたマイレージなどは10万円近くもする航空券を獲得できるのだら、まさに情報は宝だと思う。
もう1つ便利なことと言えば、SKIPEを使えばインターネットで電話代は無料なので、これもかなりオススメのシステム。SKIPEは一度に3人とかでもいっしょに話すことができるので、dmkクラブのミーティングにも使われる。しかも、このシステムを使うことは無料だし。
そう言えば、どこにいてもヤンキース戦を見れるというのも便利である。年間で8千円ほど出せば、すべてのメジャーリーグの試合がインターネットで観戦できるのだ。きっとその内、日本のテレビ番組なんかもどこでも見れるようになるのだろう。事実、ケイくん(dmkスタッフ)も、今でもできると言っていたし。
オレなんかの仕事は海外にいながら、日本を相手にしていて、つまり収入のほとんどが円なんだけど、こうしてカナダに住んでいられるというのも、この便利なシステムなお陰。15年以上も前にウィスラーに来た時には、考えられなかったことだ。
まあ、便利になった一面、失われるものも大きいと思うので、あくまでも便利なシステムは使われないように使っていきたいね。日本に帰った時、よく高校生が電車の中でケイタイでメールとかしているけど、あれって何か便利なシステムに逆に使われているような気がしてならない。