ロックスター

行きの車の中では、大河の応援歌、「アイ・オブ・ザ・タイガー」が流れていました。

今日、行われたコミュニティカップは、自分と大河にとってリベンジマッチ。
昨年の12月、僕たちは決勝で敗退しました。
大河は、FKを惜しくもコーナーポストに当てて外して、PKも外して。
頑張ったけど、PK戦で負けてしまったのです。

チームリーダーのエィデン、そして主力選手の一人であったゴローの涙は忘れないです。

(以下、昨年12月19日参照)
http://www.dmksnowboard.com/diary/fusaki/2010/12/

あの時、大河は1つ下でまだフル出場させてもらえなかったけど、今回のウィスラーのチームでは主力選手。60分のフル回転の全力プレイが求められます。

1回戦の相手は、なんという因縁でしょう。昨年、優勝したチームです!

練習を開始して、相手のチームが強そうなこと。
あきらかに、日頃からプロフェッショナルな練習をしていることがわかります。
また、あの時のように、相手のチームが大きく見えました。本当に同じ年齢か?と思うほど。

一方、ウチのチームは、シュートとかPKとかいきあたりバッタリな感じです。
これでいいのかな?
まあ、監督はクリスに任せてあるし、燃えるように指導するクリスに口を挟めたものではありません。
子供たちはボールタッチの数が減って、ちょっと心配です。

ゲーム前のミーティング。
もう、キックオフの時間なのに、いいのかな?
相手のチームは、すでにポジショニングして待っています。
僕は、「おい、もう始まるよ!」と声をかけ、選手は出陣しました。

ああ、久々の緊張感です。

ゲームが始まると、意外にも(?)ウィスラーのペースでした。
0-0の拮抗ナーバスな時間でも、比較的にウィスラーが押し気味。
大河にボールが渡ると、鋭いパスを前線のライアンに送り、何度もゴールチャンスを作ります。
だけど、アンラッキーなことにスコアが入りません。
相手の当たりも激しく、トーナメント戦とはこれほど熱いものか、と改めて思いました。

しかし、前半30分中の折り返しの15分ほどのところで、展開が動きました。
大河が二人ほど抜いて、前線に駆け上がると、見事に右上のコーナーにスナイナー・ショット!
ヨッシャ、デカした大河。今日も最初のスコアを決めました。
普段、スコアを決めてあまりガッツポーズしない大河も、この時ばかりは両手を上げて喜んでいました。

この後は、さらに向こうのコーチからの声が激しくなっていきました。レフリーにクレームを出したり、本当に勝ちたい、気持ちが伝わりました。これぞカップ戦という雰囲気です。

ややウィスラーが押していながら拮抗状態で、1-0のまま前半終了。

後半1-0でのスタートは、願ったりだけど、まだまだナーバスな時間帯です。
今度の2点目が大きいと思っていました。そして、逆に向こうに点が入ると、ヤバいと思っていました。
だから、僕は祈るような気持ちで、誰か決めてくれ、と思っていました。

すると、どうでしょう。また大河が!
今度は、ゴール前の狭いエリアで、なんと5人抜き。そのままゴールキーパーをしっかりと見て、右に決めたのです。
オーマイ・ゴッド!これまでの練習やゲームで見たこともないほどの見事なゴールでした。

昨日、大河に「お前、なんでフェイントうまいのに、実際のゲームだと2人ぐらいしか抜けないのかな?ゲームになると、やっぱり体力を使っているから難しいか?だけど、大河頑張って抜けよ。」と言っていたところでした。それが見事にしっかりと抜いてゴールを決めてくれたので、とても嬉しかったです。

この時間から、ウィスラーチームのペースになって来ます。
向こうも疲れて来たのか、ラフプレーが目立ちます。

すると、向こうの選手が完全に後ろからウチの選手を倒してファール。
これには、怒りました。あの後ろからのプレイは、ラフ過ぎる。

気づくと、僕はグランドに入って、開いてコーチに向かって、日本語で怒鳴っていました。
「テメエ、ふざけんじゃねー、コノヤロー。今のプレイは完全にファール行っているじゃないか!ふざんけんじゃねー。」って感じに。

大河は、あーあ、またお父さんやっている顔(笑)

だけど、これはチャンス。距離はあるけど、先週月曜日に雨の中、大河とマンツーナンでやった練習したパターンがやって来たのです。

距離があるから、ゴールキーパーは前に出てくる。
すると、後ろが空く。そこに決められるというわけで、まさにこのパターン。
何しろ、昨年、同じようなシチュエーションで上のポストに当てて決められなかったので、そういった意味でもリベンジ。

そして、フリーキック。

これが見事な孤を描いて、ゴールにどんどん吸い込まれていって、

ゴ~~~ル!

親バカながら、今日の大河はロックスターになったと思いました。

この後は、大河の親友のチカもゴールを決めて、ウィスラー完勝です!

そして、ゲームが終わった後も、僕と大河は今日も誰よりも遅くまでフィールドに残って、練習していました。
今日のプレイに、サッカーの神様に感謝しながら、これからも恩恵があるように、ともかく勝って兜の緒を締めよ。練習をしておこう、と思ったのです。
というか、大河はいつもすぐに帰らしてくれません。ゲームの緊張後のリラックスがほしいのか、PKとか、左足とかで、楽しみながらサッカーをしたいのでしょう。

次のカップ戦は、11月に。とても楽しみです。