リル

10
日本からリルの最新作、エメラルドキッスが送られて来たので、早速チェックしてみました。
 
 
冒頭は、おおー!いきなりこずもの登場です。カッコ良かったです。
自分も目の前で見て撮影していた、ブラッコムのパークの360のシーン。
ジブもスタイリッシュだし、改めて成長したこずもを感じました。
 
次のセクションは、若手が登場。
ここに14歳のAYE SATOという子が出るのだけど、スノーボードがうまいです。この若さでこの実力だから、将来日本のガールズシーンを背負って行くかもしれませんね。
 
真ん中あたりで、新川知恵美がいきなりフリップ。この子は身体能力あります。
そして、そのまま同じ音楽で、レイカに流れます。
 
レイカは、このリルの中で最も良いパートを残したように思いました。
特にジャンプのシーンがカッコ良かったです。
 
リルにこずもとレイカが加わったことで、この作品に実力系という印象を与えたようにも思いました。
 
レイカもこずも同様にブラッコムのシーンが多かったのだけど、あの撮影ではそれほど日数があったものではありません。
だから、本気でシーズン通して、こずも&レイカをウィスラーで撮影したら、もっと良い画が集まるだろうなあ、と思いました。
 
もちろんそれは彼女たちの活動の関係で難しいけど、改めてもっとこずも&レイカをもっと撮影したい、と思いました。
 
この後、やや後半に入るところでユキエちゃんが登場します。
毎年リルでは、ユキエちゃんのフリーランのうまさを出すパウダーシーンが出ますが、今年は雪不足ということもあったのか、寄り画が多く、引きのダイナイミックな画が少なかったのが、ちょっと残念。
 
そして、トリはサチちゃん登場です。
サチちゃんは、やはりオーラというのがあるのだと、と思います。
ライダーとして華がある存在ですね。だから、今回トリになったのでしょう。
ケガをした後でよく頑張ったと思うけど、一発で良いので、トリらしい凄い画が残せたら、と思いました。
 
 
リルの作品で良いところは、チーム色がしっかり出ていて、冒頭の作り込みなどちゃんとやっているところ。
また、視聴者のニーズもしっかりととらえているな、と思います。
 
今季もこのビデオは人気が出そうです。
スノーボードを頑張っている女の子に、ぜひ観てほしい作品です。
 
ボンちゃん、今季も編集おつかれさま!