ミリオン・ライダー

ショーン・ホワイトが、アメリカの4大エージェントと言われるCAAに移籍しました。

このCAAには、ハリウッドスターから超有名アーティスト、さらには大物スポーツ選手などズラリとマネージメントしています。

ショーン・ホワイトは年間で7億円も稼いでしまうということで、スノーボードのプロがそこまでお金がもらえるのか、と驚かされます。

日本でも1~2千万円の契約金をもらえるライダーがいると思うけど、まだまだ欧米トップ・ライダーとの契約金の差があります。またプロ・ライダーの多くが少ない報酬でやりくりしているのが、現状だと思います。

この契約金の差は、市場規模の差とも言えるでしょう。
アメリカ人の方が、日本人よりも圧倒的にスノーボードやスケート、サーフィンをする人が多いです。
そのファッションも含めて、アクションスポーツ市場を大きくしています。

日本でももっとアクションスポーツをやる人が増えてもいいのにな、と思うのですが、やる場所を含めて環境が揃わないこともあり難しいようですね。また、最近はどんどん若い人が、外に出ない傾向にもなっているのかな、と思います。

スノーボードで得られる快感は非日常的で最高の気分。多くの人に楽しんでいただけるスポーツだと思います。これからも日々、スノーボードの魅力を伝えられるように頑張りたいです。そして、いつか日本もアクションスポーツ大国となり、多くの人がスノーボードやサーフィンを気軽に楽しんでもらえたら、と思います。

そうすれば、いつか日本でもミリオン・ライダーができることでしょう。

本日の写真は、サッカークラブに通う大河。ニッポン俊介シャツ着て、今日も大活躍でした。