マーク・ソラーズ

久しぶりに晴れて、山へ。
そして、久しぶりにリフトの上から見るクマちゃん。

帰りにマーク・ソラーズに会いました。
ちょうど、その時、高1のプロ・ライダー、ヤヒロがいたので、
「マーク・ソラーズ知っている?」と聞くと、知らない、とのこと。
アッチャー。

それでタカシにも聞いたら、「あまりよく知らない。」という回答。

へえ、世間では、マーク・ソラーズって知られていないんだなあ、と思いました。

僕も中では、最も好きなプロ・ライダーの一人です。
バックカントリーでも、ストリートでも抜群なテクニシャンの持ち主。
これだけ分業化された現代のプロシーンで、幅広くストロングなスタイルを出せるのは、ソラーズならではですから。

もちろん両方やるライダーは多いけど、ここまで両方とも特出できちゃうって、ソラーズの凄いところだと思うんですよね。
だから、僕の中で、現代のクレイグ・ケリーを引き継げるのは、ソラーズというイメージが強いんです。

褒め過ぎかもしれないけど、世界一カッコいいスノーボーダーかな、という気がするんですよね。