プロを目指す

息子・大河は、プロ・サッカー選手を目指してまっしぐらです。

スノーボード以上に競争の激しい世界だから、プロになることは難しいでしょう。

大河は、つい昨年までは、プレイすると圧倒的な強さがありました。しかし、この秋からは上の学年の子も入っているU12に入り、これまでの圧倒的な強さを披露するというわけにはいけません。
これから先は、年齢と共に、いろいろな地区のうまい子供たちも加わり、ますます台頭するのは難しくなると思います。

スノーボードの世界でも、10代のヒーローがいますが、彼らはきっと20代になるとさらなる競争に巻き込まれるでしょう。そんな中でも残って活躍し続けられるのは、「変わることがない情熱」だと思います。どこまで自分を信じきって、夢を追い続けられるか。スノーボードの神様は、人が見ていないところも見ているんだ、ということを肝に銘じて、地道な努力を続けられないと。

大河は、どんなゲームでも一番走って献身的にチームを勝たせよう、としているので、その点をいつも褒めるようにしています。この年齢の時は、成功体験が何よりの肥やしだから、良いプレイにはおもいっきり声援を送ります!