フィッシング

もう時期、子供たちの新学期がスタートするので、隣町のスコーミッシュへ買い物へ。
欧米では、この時期、バックトゥスクールと呼ばれ、クリスマスの次に大きなショッピング時期になります。
洋服を買ったり、ランドセル代わりのバックパックを買ったり。

すでに大河はウィスラーで長袖シャツなどを買っていたので、クレアのスープ入れ(ランチ用)と、その他、食材などを買いました。

それと、どうしても子供たちが釣りをしたいというので、釣り竿セットを買いました。竿とリールが付いて10ドルという安物です。こんなもので釣れるのかな、と思ったけど、まあ、初心者なんだし、何でもOKです。どうせ、しょっちゅう行くわけでもないだろうし。

スコーミッシュでは、シャノン滝にも行きました。
近所の大河の友達のディランくんも連れて行ったのだけど、大河とディランは石をピョンピョン跳ねながら、滝へ向かって行くので、怖いったらありゃしない。「おーい、危ないから勝手にどんどん行くなー!」と何度か叫びました。

ここは、以前、dmkツアーでも行ったのだけど、今回はずっと滝まで近づきました。
滝のしぶきが、顔にひんやりして、気持ち良かったです。


夕食の後は、パドルボード。そちてもちろんフィッシング。

元々子供たちはパドルボードに行って、そこで釣りを見てやりたくなっていたのです。だから、遂にフィッシングができて、嬉しそう。

この時もディランくんを連れて行ったのですが、覚えが悪いし、何度も糸を絡ますし、大変でした。子供たちの世話をして釣りにまったく集中できません。
その内、日が暮れて来て帰る時間に。そうしたら、クレアの竿に小さい魚が釣れてました! まさにビギナーズ・ラック。おもわずクレアとハイファイブしました。そして、あまりにも小さいので、逃がしてあげました。

自分で捕まえたミミズを使って、魚が釣れて、良い経験だったと思います。