ビックリ!早割が$1529

今、山といろいろ話しているところなんですけど。
 
今年のウィスラーの早割シーズンパス代が、なんと$1529なんです。
以前からウィスラーに来られていて、昔の値段を知っている方はビックリではないでしょうか?
 
年々、値段の上昇、凄く加速していないですか?
 
一日券にしても、今では80ドル台だから、一日券使って滑ったら1万円という話なんです。ビビリますね。
 
それでも、ウチはシーズンパスを販売できるので、「なんだかなあ」と思いながらも、本日から早割シーズンパス券を販売しましたが・・・。
さっきもこれからウィスラーに来られる方に値段をご案内したけど、ビックリされてしまいました。
 
 
値段の高騰の一番の理由は、ここ数年、年々行われているリゾート開発でしょう。
 
その象徴的な出来事が、今年、ウィスラー、ブラッコム間にできるピーク・トゥ・ピークです。2つの山のピークを4つの支柱だけで結ぶって、かなりクレイジーな計画だけど、これにきっとかなりお金使っているでしょうね。もしかしたら、世界で最も高さ感を味わえるゴンドラは、世界で一番の建築費が掛かっているのではないか、と思われます。
 
 
昨年だか、去年はウィスラーのピークからクリークまで圧雪されたコースを楽しめるってことで、木を切ったのですが、あれなんかも、個人的には「いらないのになあ」と思ったものでした。
 
そして一昨年でしたっけ? ピッコロとかフルート、バックカントリーのエリアもコース内に入って、あのリフトの名前は何だっけなあ。度忘れしましたが、フルート・チェアだったか。ともかく、あそこも個人的にはいらなかったですね。
もちろん行ったら行ったで楽しいのですが。
もし、ここをオープンしない代わりにシーズンパスを安くすると言ったら、間違いなく、「オープンするな!」と言います。
 
ここ最近、できたチェアで、まあ良かったんじゃない?と思うのは、フィッツマンズのチェアとハーモニーでしょうか。
 
理由は、フィッツマンズのお陰で、激しく混むウィスラーのゴンドラに乗らなくても上まで行けるようになった。
 
ハーモニーというのも、作ったのはずいぶん前だったかもしれないけど、以前、ピークチェアに乗ってトラバースで行けたエリアが、滑れるということで、良かったのではないか、と思います。
だけど、フルートとか、かなり行き過ぎですよね? ウィスラーに来られた方なら、フルートはかなり奥まったエリアだいうことが理解できるだろうし、実際、あのチェアを利用している人は、ひじょうーに少ない!!まさに採算取れていないってことを現しています。
 
あっ、そう言えば、ピークのチェアが4人乗りになったのも、良かったのではないか、と思います。以前は3人乗りでずいぶんと遅くて。何より、あのキーコキーコという音は怖過ぎ(笑)。僕は以前の3人乗りのピークチェアが怖くて、あまりピークに行かなかった記憶があります。
 
ウィスラー・ビレッジからブラッコムの行くのにゴンドラができたのも、まず良しとしましょう。
 
まあ、話は否定、肯定とあっちこっち行って申し訳ないですが、ピーク・トゥ・ピークに代表されるように、やり過ぎって感じがしますよ。
 
一日のリフト券が1万円とかで、貧乏人は来るな!ってことなんですかね。
確かにアスペンなんかは、ハリウッドスターとか、よくパーティをやっているようで、凄いセレブな感じで。ウィスラーも追いつけ!ってことなんでしょうけど。
山の良さに胡坐をかいていると、オリンピック後にバブルが弾けて、散々な目にあったりするのでは? ここ最近の激しい開発はローカルの世論を無視しているように思うし、「バブルよ弾けろ!」と思っている人は少なくないでしょうね。