ハートフィルムのミニ試写会

昨夜は、ハートフィルムの関係者内行うミニ試写会に行って来ました。
 
昨今、スノーボード・ビデオと言えば、トリックを見せる、ということが主眼になりがちだけど、この作品はスノーボードが本来持っている雪山で遊びという要素が全面に出ていました。
 
「作ったキッカーで飛ぶなら、パークで飛ぶ」
 
という忠くんの言葉のように、自然な姿の形のままの山を、まるでストリートのようにガンガン遊ぶというもの。
 
まさにディス・イズ・スノーボーディング!という作品。
 
発売が待ち遠しいですね。オススメです。
 

写真左から、ハートを陰ながら支えるユウホ
地元のスノボ・ショップで働くマキちゃん、
編集を行うタロウさん、
そして忠くん。