サタデー・サッカー

今日は、楽しみな息子、大河のサタデー・サッカー。

試合は、5-2で勝ったのだけど、なんかあまり喜べないなあ。
なんか、もう1つボールのキープ力がなかったと思うし、チームのポジショニングも良くなかったように思うのです。

それにしてもサッカーというのは、難しい。
スノーボードなら、そのライダーを見て、何が足りないか、そのためにどんな練習をするべきか、だいたいわかります。だから、自分の気持ちの中でもスッキリしたものがあります。

一方、サッカーはいつもモヤモヤしてしまうのです。チーム分析をしても、本当にその分析が正しいのか。単に仮説に過ぎなかったような気持ちになるのです。

今日の試合にしても、スパっと分析できません。
本当に問題は、キープ力か、ポジションングなのか。いや、もっと本当のところ改善ポイントがあるのでは?と。
あれもこれもと、どんどん浮かんで来ては、だけどこれが決定的なことではない、と考えたり。

結局のところ、自分がまだまだ素人であることが原因なので、自分自信の分析する力やコーチングする力を高めていくしかないですね。

だけど、今日、1つ自分のコーチングで良いことがありました。
それは、ウチのディフェンスを見て、あっ、足が速くない、と思い、すぐにゲームを指揮しているコーチに聞いたのです。
「今、センターハーフは誰?」と。そしたら、ジャッシュとのこと。すると、ジャッシュアは、ゴール前でシュートを狙っています。それはそれで良いのだけど、守勢になった時、すぐに戻るのか疑問でした。

すると、案の定、守勢になった時、急いで戻ろうとしません。だから、僕は右手に持っていたノートを丸めてメガホンにして「ジャッシュ、戻れー!」と叫びました。その時のウチのディフェンスでは、戻る足の速さがない。だから、ジャッシュ頼りでした。

それからジャッシュはもの凄い勢いで戻り、なんとか相手の攻撃を防げるところまで戻りました。ボールには触れなかったけど、相手のプレッシャーにはなってくれました。そのお陰でシュートするコースが狭くなり、自軍ゴールキーパーのファインセーブもあり、スコアを防いだのです。

あの時、もしジャシュアが戻れなかったら、完全に相手のフォワードの一人走りを受け、スコアをロストした可能性が高かったと思います。

サッカーの試合は、どうしてもボールばかり追ってしまいがちだけど、その時の状況をもっと広く見て分析し、アドバイスしないといけない。

本当に難しいなあ、と思います。

ところで、今日、大河は最初のスコアをビシっと決めてくれました。
サッカーでの最初のゴールは、本当、いつも良い気分にさせてくれます。

今、ウチのチームのパンフレットを作っています。
このパンフレットを見て、多くの親御さんたちが、ウチらのチームに興味を持って応援してくれるともっともっと強く良いチームになるでしょう。