クレアと大河のサッカー

今日は、子供たちのサッカーの試合がありました。
カナダらしいスカっとしたさわやかな気候の中、子供たちは元気に走り回りました。

まず最初は、クレアの試合です。

なかなかすばしっこく動きます。コーチの言うことを聞いて、ポジションニングもバッチリ。しかし、ボールをうまく奪ったり、ドリブルで突破するようなことができません。気持ち的に攻めていけないようです。お父さんに似たのかもしれません。

僕も中学の時はサッカーをやっていました。足は速かったのですが、うまくプレイができなくて、ずっと補欠でした。ボールを奪うという気持ちが弱かったのです。きれいにプレイし過ぎる。補欠でゲームにも出ないので責任感も生まれない。上達意欲もなく、終わっちゃったという感じです。だけど、よく練習で走っていたので、足腰は鍛えられました。このことは、今、40歳を超えても元気なので、本当に感謝です。

スノーボードと出会った時には、これだ!と思いました。相手は関係なく、自分しだいというスポーツの魅力にハマりました。
クレアももしかしたら、シングル競技に向いているのかもしれません。

クレアの試合の次は、大河です。
大河はサッカーに関しては、凄い。大河のクラスはU11で、こちらで言う4年生と5年生のチーム。大河は日本の学年だと3年生なのですが。だけど、大河はよく動くし、ボールも飛ばすし、センスもあるということで、5年生に混じってもフォアードなど良いポジションニングでプレイさせてもらっています。ゲーム中もよく声が出ているし、まさにサッカーは大河の世界という感じ。
しかも、今日はまったく交代がなかった。これにはちょっとビックリしました。
というのも、5年生にもうまい子がいるのです。しかし、コーチの何らかの方針で、く大河だけは休まずに出させていたのです。試合に出れるのは8人の選手。控えは常に4人いるから、常時選手を交代していたのですが、大河だけは出ずっぱり。さすがの大河もゲームの後に「今までのサッカーで、これほど疲れたことはないよ。」と言ってました。

試合の方は、先週に続いて引き分け。しかし、両軍、勝気満々でなかなかエキサイティングなゲーム。こんな試合を見た日には、今日もビールがうまいです!