エナジードリンク

最近、スノーボードのイベント、映像作品、ライダーなどのスポンサーにやたらにエナジー・ドリンクのスポンサーが付くようになりました。

今日、ニュースでアップしたバーンというのも、エナジー・ドリンクなんですね。

レッドブルは、みなさん御存じでしょうが、カナダにいると、ロックスター、モンスターも目立ちます。
特に若いライダーたちは、モンスターがカッコいいということで、ボードにステッカーを貼っている姿も見かけます。

だけど、エナジー・ドリンクは、心臓発作や脳卒中の危険性を増すという話も聞こえて来ます。
特に欧米では、エナジードリンクを禁止にするニュースも出ています。

聞くところによると、コーラよりも何倍もカフェインがあるとか。

僕自身、こうしたドリンクを頼りにスポーツのパフォーマンスを発揮するようなことは好きではありません。
普段から、栄養バランスを考えて、フルーツや野菜など自然な形でビタミンを取ればいいわけですから。

だから、こうしてキッズに影響を与えるスノーボーダーたちが、エナジードリンクを宣伝する姿は、どうかと思います。
ショーン・ホワイト、セバスチャン・トータントなど、キッズに影響を与えるライダーたちが、レッドブルを宣伝して、どうしたもんか、と思います。

まあ、僕の毎日のビールよりは、よっぽど健康的なのかもしれませんが(笑)。

ともかく、全国のキッズ、ジュニア・ライダーへ。

「エナジー・ドリンクは、キミたちにとって必要以上のハイパーエネルギーを起こすようで、身体に悪いようだよ。もしかしたら、このドリンクが原因でとんでもない病気を引き起こしやすい身体になって、大人になってから苦労するかもしれない。夢のプロ・スノーボーダーをあきらめないといけないかもしれないぞ。
そんなドリンクを飲む姿は全然カッコいいと思わない。ちゃんと栄養ある食べものをいただいて、カッコいいスノーボードをしよう!」

おじさんは、そう思います。

ところで今日は、マツタケ採りに行きました。
今年はなんだかわからないけど、不作です。どうしちゃったのかなあ。