イギリス

ティーンの時には、やたらにアメリカの憧れがありました。

アメリカの音楽、文化、考え方など、完全に惚れていましたね。シンディ・ローパーから、バンヘイレンなど、アメリカのヒット曲ばかり聞いていたし。

それで、高校の3年生くらいの時から、カナダという国にもなんとなく、興味を持ちました。アメリカよりも、清潔感がありそうで、人々ももっとほんわかな感じもあり。
今はスノーボードの縁もあり、こうしてウィスラーに過ごしています。

若い人たちは、僕の若い頃のようにアメリカやカナダに憧れる人もきっと多いことでしょう。

今でも、僕はアメリカに興味を持っていますが、今、一番気になるという国というのは、イギリスです。

いろいろ理由があるのですが、1つにはサッカー大国。
イタリア、スペインも魅力的ですが、今さらイタリア語やスペイン語を覚えるパワーがない。だけど、イギリスなら英語、なんとかなるってもんです。長期滞在、しようと思えば、できないこともないでしょう。大河といっしょにサッカー留学するのも悪くないです。

あとイギリス人に興味があります。
北米人と違って、やや真面目なところがある。時間を守る人が多いような気がする。
ユーモアがある。あの独特なブリティッシュ・イングリッシュが魅力的。
何か、下町風のあっけらかんとして、ドライに気軽に話せそうなところも自分に通じる。
街中でやたらにタバコを吸う人が多いのも、昔の下町のようだし。

ついでに、イギリスの女の子は、オシャレできれいです!(笑)
アメリカにはない、雰囲気を持っていますね。
元々、ガキの頃、ノーランズに強い衝撃を受け、子供心に鼻血が出そうになりました。

思えば、あの衝撃の波動が、現在の国際結婚につながっていたのかもしれない。

今、イギリスの人気グローブ・ブランドとやりとりするようになったのですが、それも良いイギリス交流のきっかけになったと感じています。

このグローブのデザインがとてもおもしろいのです。僕もスノーボードを27年間をやっているけど、なんとも言えない新しい香り、これまでにない雰囲気が漂っているのです。

ともかく、商品を試したいので、送ってほしい!と先日言ったら、なんともう売り切れだって。これにはビビリました。
えっ、まだシーズン前なのに、なくなっちゃったんだ、と。

というわけで早くても来季からの日本への導入になっちゃうのですが、楽しみなUKブランド。

あと10日間ほどばかしで、イギリスに行って来ます!

 ところで、今日はハロウィン。
子供たちは恒例のごとく、たくさんのキャンディやチョコレートを持って帰って来ました。