アンドレ・ベノワ

昨日はブラッコム・パーク王のアンドレ・ベノワとリフトが止まる4時頃までずっと撮影していた。お互いランチ休憩も取らずに目的に向かって突っ走っていた感じ。とても楽しかった。
 
パークでは、他にもNOMISのジェド、ジョーなどもいて凄い日だったな。あのティーンたちは、大人には気づかないようなライン取りをしてみせる。そして、ハンパなくうまい! 本当にどこの世界でもキッズは凄いんだ。
 
それにしてもアンドレなんだけど、本当に彼もユニークなんだよなあ。60フィート(18メートル)のキッカーが、不思議なほど小さく見えるんだ。そして、シャフルをガンガン決めるからね。キャブ7にダブルシャフルだよ。
またフラットなところでも、今季、新たに仕入れたグラトリを決める。これもユニーク。ようはスノーボーダーが平らなところでノーズとテールを使ってアヒルちゃんのように歩くやるがあるけど、あれを滑りの中に取り入れているんだ。しかも、シフティも入れて。
 
今年出したピーク1で、アンドレの滑りがもっと見たい、という意見があったけど、今年はガンガンに彼の魅力を見せようと思う。衝撃的な奇妙な動きが見せれるかな(笑)。
 
ところで、この写真の板の捩れを見てほしい。これがアンドレの独特な動きの象徴なんだ。ここから一気にアンドレ・シャフルが炸裂する!