やさしいケイル

雨の中、家に到着して、お風呂入って、お袋が作ってくれておいた豚汁をいただきました。
やはり日本のお風呂は、気持ちよくて、またお袋の味は、とてもおいしくて。
あまりの至福に気絶しそうなんて、言ったら大袈裟かもしれませんが、そんな気持ちです。

飛行機の中では、ケイルと席が近かったので、お話もしました。

そして、ケイルがやっているAIR HOLEのフェイスマスクをもらいました。
息子がスノーボードしていると言ったら、大河の分まで!

ターンテーブルの荷物ピックアップのところで、日本人のスノーボーダーが目ざとくケイルを発見し、「いっしょに写真撮ってください。」と。すると、気さくに応じて、フレンドリーに話をして、あいかわらずナイスガイなケイル。
しかも、カバンの中からAIR HOLEを出して、プレゼントまで!

ケイルって本当にやさしいですね。

「打算のない献身は、人の心を動かす。」
というけれど、まさにケイルはそういう人望があるな、と改めて見直しました。